06
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

きっと、これからも、ずっと大丈夫。。

2013年5月28日 大腸がんの手術をして今日で5年が経過しました。

嬉しいような 何やら複雑な心境で・・・
五年と言う月日は私にとってはあっという間
だったにも関わらず、しっかり身体の老化を感じてしまって

以前にもブログに書いたと思うのですが
がん患者の大きな勘違い的な 
http://mafao.blog.fc2.com/blog-entry-1865.html

そう、自分が5年完治と言う言葉に囚われすぎて。
がんから遠ざかる(年月が経過する)事は
自分はどんどん元気になるのだと言う勘違いをしていた事
改めて思い出して。

余りにも身体の事に気を取られ,気が付いたら もう 
仕事も(人生も)諦めなければならない年齢になって行くんだなと、
日々、とても残念な思いをしながら過ごしたものです。

命が助かったんだからいいじゃないの?
そう考えると何か先は明るい感じもするし有難いけれど。

長く勤めた会社を辞めて、必死で転職活動をしていた矢先の病気で。
面接に行った会社から「採用の返事はもう少し待ってね」
との返事も、腸閉塞で入院していた時で。

登録していた派遣会社からの仕事の依頼も
手術後、これから抗がん剤をすると言う話をしていた時で。。。

何もかもがタイミングが悪かった。

何も実にならずに闘病に入ってしまって
その後、どこに面接に行ってもがん患者は敬遠された事
「調子が悪い悪いって休まれてもね~」とか。

それでも五年が経過して「完治」と言うドクターからのお墨付きを貰って
今、やっとフルタイムの仕事に就き 毎日が充実しています。

先日、息子夫婦に二人目(長男)が生まれまして
孫が三人になりました
大阪に会いに行くのが楽しみです。

諦めた事とか、失いかけた希望も含めて何もかもが
今、どんどん手に入って来て 人生はこれからだなと思う日々です。


20180524210615260.jpg


思えば身体慣らしの為にと紹介された派遣の仕事(受付)
あれは、本当に心も体もキツかった。

本来ならば自然と出来なければいけないであろう
人に対する思いやりやら気遣いを必要とする仕事は大変だ。

私は上手く仕事ができただろうか?と、毎日自分に問いかけ
当たり前の事をしてお金を頂いているにも関わらず
最低賃金で働く自分とそれに対する不満足とで葛藤していた日々。

けど、、、
長い事、旦那の扶養に入って細々と仕事をしていたけれど
ご縁があって今の職場に拾われて
本格的に社会保険に加入して働く事が出来ています。
今後は社会人としての余生を頑張りたいと思っています。

多分、私は本来仕事が好きなんだと思うから頑張ります!

それに。。。
きっと、これからも、ずっと大丈夫だから。






スポンサーサイト

術後五年の検診結果と一つの指摘について。。

先月の30日の大腸内視鏡と造影CT。。。
月曜日に結果を聞きに出掛けて 数日 
アレコレ考える事もあったり、仕事で忙しかったり
やっと気持ちの整理も付きつつ、前向きにブログを書く気になりました。

先ずは、大腸がんに関して言えば全く問題なく、
肺も肝臓も綺麗で心配は要らないとの事。
気にしていた腸の吻合部の狭窄の件も問題なく十分であるとの事。
今後は大腸がん検査・・内視鏡じゃなくて「検便」はする事
・・・・と。

と、まぁそこまでは良かったのですが
一点、画像診断の方から子宮のほうに指摘があったと。
何でも、以前の子宮の状態から比べると黒く?
なっている所があるとの事で・・・

「なにか悪いものでも?」と聞くに首を捻るだけで。。。。。。。。

「おりものとか出血は?」 とか聞かれたので、

「おりものは、もう全く出てないです。そもそも術後スッキリ閉経してしますし、抗がん剤が終わった後になんだか不調で子宮がん検診も兼ねて婦人科に行くと、異様に子宮が萎縮して先生にビックリされました。病気の事を説明すると抗がん剤の影響らしいですけど。それからは何回か子宮がん検診はしてます」
・・・と説明したら、、、
「もしかしたら、子宮の委縮がまた進んでいるのかも?けど、子宮がん検診受けといてね」と。

おまけに。。。
「じゃ、これで大腸がんに関しては術後5年の検診って事で、今回の検診をもって終わりにしましょう。」
だって

何だか不安要素を投げかけといて ほなサイナラ
って 無責任な感じもしたんですが、大腸がんの転移ともなれば深刻ではあるけれど、そうではないと言う事なんだと思います。

嬉しいクビ チョッキン って事ですかね

ただ、不安要素の解決は急がねば仕事に集中出来ませんので
早々に検査に出掛けるつもりです。


 血液検査結果明細リスト(抗がん剤終了後) 2014年1月~
 
キャプチャt1
キャプチャt2

キャプチャ330
腫瘍マーカー 
CEA 2.9(上限5)  CA19-9 10.3(上限37)  


大腸がん手術が5月28日で。。
まだ 術後5年足らずではありますが一応 「卒業」 って事で。




術後四年半の検診クリア♪

何やかんや言いながら、もう四年半の検診、造影CT完了です
今回も特に目に見える再発の兆候はありませんでした。

ますます一安心です 

今度は来年の3月に大腸の内視鏡とCTと採決をして
4月の最終診察で ま、完治したと判断?なのかなと思う。

造影CTは相変わらず 造影剤入れたらニョッと?ジンッ?て
身体が熱くなって 股間まで変な感じで( *´艸`)

息を止めて~ 楽にして~ 
痛くもかゆくもないけど緊張するひと時だ。

「この後、OOTANドクターの診察?」
って言う看護師さんの言葉に何故か急にドキドキして
この感情は? トキメキだったらいいな 動悸だと嫌だけど。

・・・で、その看護師さん
「私、OOTANドクター好きや~」って言うから
思わず私も
「素敵ですよね~+(人*´∀`)」なんて言っちゃいましたけど。

診察室に入るとドキドキも何もしないのは何故だろうと思う。
ただ私がOOTANドクターを好きなのは間違いない。

人気者のドクターで良かった。


20171017193456495.jpg


そして腫瘍マーカーも安定
その他数値も異常なし 再発・転移の兆候なし。
CEA 2.2(上限5) CA19-9 9.2(上限37)

キャプチャ1017


しかも今日は採決の看護師さんの心遣いには有難く、
私の出ない血管を一生懸命温めてくれたりしてくれました。
上手い人が採決したら跡が残らないから嬉しいです。


(県庁の食堂にて 讃岐コーチンのチキン南蛮)
20171017201241333.jpg


最近思うのは、
時が刻一刻と過ぎて 得る事もある反面 失う事も多い中
自分が思う様に生きられない苦しさとか疑問に思う事が多々あって。

あと数年、今の物足りない日常を埋めてくれる様な
自分にとっての生き甲斐は何だろうかと考えている。

自分に自信が出て来た証拠かな


術後約四年の定期検診('◇')ゞ面接はゲス!

乗り切り~成功 あ~疲れたバタバタしたわ今日は。
何と言っても朝から血液検査に造影CT。
午後から診察まで時間潰してガッカリOOTANドクターめっきり老けた

人の事は言えないが、転院してドッとお疲れ中年となりました。
けど素敵、私にとっては王子です( *´艸`)ププッ

術後四年ともなるときっと患者の事なんて忘れてくんだろうな~
な雰囲気が更に寂しかった。。。

今回の腫瘍マーカー CEA 2.8 CA19-9 10.3
 もう四年も経過した事だし自信を持っても大丈夫ですか?
って聞くと、
「このがんに関して言えば今から再発とか転移とかはないでしょ」
だって! 

あと2回検査で完治となる・・長いな。。。。。

キャプチャ腫瘍マーカー


そして、今日は某会社の面接が午後に予定をしていたもんだから
慌てて病院で着替えて出かけたものの・・・

なんか社会保険掛けるって事に対しての話がズレとると言うか、
私ゃ、旦那の会社に扶養手当があるやら、家計をトータルで考えてやら言われても、そもそもうちの夫婦は家計が別々なんで旦那が給料をいくら貰ってるかも知らんし。

旦那が家計の管理してるし、月に一万貰って生活しているので、将来的に自分の年金が増えれば良い訳なんですが。

旦那がくも膜下出血してあまり仕事をしていない的な話をしたら、
「やれそんな人は会社は雇ってくれんだろ?」
(ちなみに運送業なので。。。)だとかって嘘みたいな言い方するし。

うちの旦那は動脈瘤じゃなくて静脈が破裂したんで
運よく後遺症も何もないし、医者だって仕事が出来ませんなんて言わんかった。
普通に考えてそうなるとどうやって生活していくんだ?

私が以前勤めていた上場企業の会社の社員さんだって脳梗塞を起こして、術後もたまに詰まりかける。
運転しててヤバいと自分で救急車を呼んで行く人が居たけど、
それでもそこは皆でカバーしてた。

会社としてはそれなりに思う所もあるんだろうけど、一個人の生活を不確実な予測で奪う事は出来ないと言う思いがあるのだと思う。

確かに一度、脳卒中を起こした人、がんに罹患した人のその後のリスクは大きいかもしれないけど・・・
きっと、病は突然起こるもんだと思う 運だ 皆起こりうる。

兎に角、
庶民な生活をしている人間の事情とか考慮が頭の中で考えられないらしくて・・・ 
「大阪から出向いて来てるんで、早く帰りたい」
とかで病院で待合中に電話が掛かって来て面接時間も早くなったし、
思えば我が儘な会社(面接官)だったわ。

家に帰ってから、お断りの電話を入れました


20170418181425625.jpg


人の想いとか真意をあえて汲み取って生きて行くのは疲れる。
私は何も聞かないし、何も見ないで眠っていたいなと最近は思うのです。
そのほうが楽だから。。。

だからと言って、生に対する執着は少しだけ強くなった。
ただ死ぬのは怖くない、苦しまず痛みが無いのならなお良い。




術後三年半検診クリアで予定はバッチリね!

今日は術後半年おきの造影CTの日でした。
取りあえずは、術後おおかた三年半くらい経過したでしょうか。
5月28日が手術日なので三年と5ケ月、無事乗り切りました

「最近はどうですか?」とのOOTANドクターの問いに・・・
「最近私は、とても調子が良いです」と。

しいて言えば慢性腹痛。。。
OOTANドクター言うに、手術したあたりの腸に原因があるかもしれないけど、CT画像では全く問題は無くて確認は取れないそう。

どっちみち、癒着あっても治らないしね

けど、再発・転移の所見は見当たらずのパソコンの文字を見て。。
それだけでも、あ~生き延びた がんサバイバーやった!な感じがした。

神様有難うございます。


20161025164148174.jpg


血液検査とCTが午前中に終わり、結果は14:00~の診察でって事なので、それまではいつものお食事タイム
県庁の食堂に行ってきましたwww

検査終わって既に前祝のお寿司食べて、パンプキンケーキも。
(パンプキンケーキ、マジ美味しかった~)

お寿司と味噌汁、サラダとケーキで430円、ほんま財布に優しい。


20161025163855746.jpg


余談ですが。。。
「造影剤入りますよ」 言われたら~
身体がポカポカそして何故かいつも陰部(膣あたり)がじわっと熱くなって、お漏らしをした様な感覚になるのは私だけだろうか
ぶっちゃけ、変な感じです( *´艸`)


キャプチャ1025


今回の腫瘍マーカー CEA 2.4  CA19-9 10.4 共に正常。
これで来月以降のスケジュールが予定通りこなせる喜び

次は来年の4月に検査です。


術後三年クリアで大腸がんカテさらば!

今日は私、大腸がん術後三年目のCTを受けに行ってきました。
いつもの通り、午前中にCTを撮って、お昼は県庁の食堂へ出かけてランチ。

麺類、丼物などなどメニューが盛りだくさんな食堂なせいか、近辺の会社の人達もわんさか。
私など、お昼チョい前に出かけたんでなんとか席が空いてましたが、
帰りはゲス~混んでて、あれだけの人数が入れる食堂も満席状態。

お腹の減り具合も半端じゃなかったんで結構食べました。
毎回、このような朝食のような食事しかしませんが・・

ダシ巻き卵と卯の花を迷いまして。
切り干し大根の煮物と納豆、迷いまして。

結局、こんな感じで 420円!!! 和食は良いですわ~


20160510164801976.jpg


食事をすませて14:00からの診察で結果を聞くと言うパターン。
この間、大腸内視鏡検査の時に血液検査もやってたので、その結果も。

CEA 3.0  CA19-9 9.1 共に正常範囲

キャプチャ510


CT画像も全く問題なくて無事クリアしました。
「術後三年って事で、一山超えた感じかな」 と、OOTANドクター。

突然「足とか痺れる?」とか・・・
おっ! 気が付いたね、そうなんですwa いい所に気が付いてくれました。
しかし、あんたじゃ治せんから。。でもちゃんと画像、見てくれた感あって満足。

けど、「お腹が・・ドレーンの入ってた所が痛いんですが」
~なんて言ったところで、「ドレ~?ン」 訳わからん。。。

証明できる事しか治せない医者にあれこれ言ったところで
「ちょっと開けてみないと解らないね~」なんて言われたら敵わんし。

イザとなったら救急車呼べばえ~
うちは、最初からバックで入ってもらわないと奥まで入ると出れません
(義父の時にバックで通りまで出るのにどんだけかかったか、心筋梗塞だったら死んどるわ~)

「ちょっと~、救急車呼ぶ時は必ずバックで入ってもらう様にな」と。
くれぐれも家族には言うてます。


20160510162818922.jpg


それはさておき・・・
私は「ココアの居る日常」に突然大腸がんがやって来たのですが。
ま・・長い事ブログを書いてるといろんな事もありますけど、まさか自分が大腸がんになるとは思いもしませんでしたので、非常に心もやさぐれて「ブログ村」の大腸がんカテに辿り着いた訳なんです。

でも実は前々から考えていた事があって、、、
術後三年経過したらそろそろ大腸がんカテゴリーから卒業をしようかなと。

勿論、三年、五年とずっと大腸がんカテで大腸がんブログを書いて行っても良いんですけど、私の場合は元々が「愛犬ココアの居る日常」なので・・・。
そのために着々と準備をしておりまして、現在は10%だけ大腸がんカテで潜んでますよ。
お気付き??? 

そろそろ「ココアの居る日常」に戻ろうかなと考えてます。


よっぽど痛かった大腸内視鏡検査、「どうにかして~!」

20160328180337800.jpg


今日の術後三年目の大腸内視鏡くらい痛かった検査はいまだかって無い。
とにかく、カメラ入れた瞬間から痛い
お産が軽かった私としては、ハッキリ言って産みの苦しみより酷かった。

しかも今日の検査は地獄やった。
癌が発見された時の内視鏡も痛かったけど、今日ほどではなかった。
何せ、カメラを過剰に振り回して腸が裂けるかと思ったし。

術後一年の内視鏡検査なんか、かなりの余裕もってゆっくり入れてくれたけど、今日はドクター不足と患者の多さでなんだか流れ作業的な雑な検査だったと思う。

「はい、そこに左を下にして寝てくださいね」
と言われて検査が始まったものの、もうS状結腸があったであろう場所に届く前から痛くて。

「まっすぐ上向いて」
と言われても痛くて身体が動かないし無理。

そのうちドクターもイラついてきて・・
「こう」・・って、さっさと上向けや~!みたく・・
(なんか、あのドクターずっとイライラしてたん何故に?)

私の右足をグイって自分のほうへ引き寄せたもんだから、私も止めてよ的にドクター蹴っ飛ばした形になっちゃって~

そしたら、
「蹴らないでください~」
って大きな声で叫ばれてビックリ
自分がイラついて乱暴な検査で患者を痛めつけといて、自分が被害者的な一人芝居だもんね、参るわ。

・・っか、医者も痛い苦しい患者を押え付けて乱暴された時のマニュアルみたいなもんあるのかも

けど、思わず「自分が先に人に手かけて乱暴しただろ」
って叫んでやろうかと思ったけど、「自分が・・」までしか言えなかったし。

痛くて。。。 ほんま患者の立場って弱い。

これ、公共の場だったら私、刺してたかも?
人に手かけて乱暴に扱うヤツなんて・・・それこそ血が騒ぐわ。

カメラを異様にフリフリしてかなりの痛さに声も出なかったけど、
きっと大腸の中傷だらけだと思う。

だっていまだに痛いしお腹。。。

なんか、大腸の中真っ赤になってる所、何ヶ所かパシャパシャ映してたけど、後で看護師が来てどこも異常ありませんって言うのよね。
けど、痛いんですけど。。。

術後一年の内視鏡の時には検査終わったら簡単に結果を説明してくれたのに、今回は全く無しだし・・かなり手抜き。

それに術後一年の検査の時には何~も痛みはなかったし、余裕でドクターと話しをしながら検査出来て快適だったのに、医者によって大違い。

ま、結果的にはなんも異常はなかった?痛いけど。
一応、術後三年めの内視鏡はクリアしたって事で、終わりよければ全て良しだし。
雑で乱暴な検査でも吻合部の再発やらポリープ的なもんが観察出来れば良いのかね?

雑でも見落としさえなけりゃい~けど。。


術後二年半のCT、嬉しいやら悲しいやら。

今日は大腸がんの手術後二年半の造影CTの日でした。
造影CTは文句を付け様のないくらいの画像で、どこにも曇りがないとの事。
無事に術後二年半という折り返し地点を通過した次第です。

この間からの鳩尾の痛みや背中の痛み、吐き気のほうもCT画像をじっくりと見て貰いましたが全然異常は無いとの事。
念のために膵臓疑いの検査として、血液検査と尿検査をしましたが現在の数値では全く膵臓の疾患は見られないと言われ安心しました。

「膵臓が悪いって言われたらお酒飲めないですもんね、別にそこまで飲みたくはないですけどやっぱり・・・」
って言うと、「この数値で特に飲んだらダメだとは言えない数値やね」と。

あと、ピロリ菌の居ない人のほうが逆流性食道炎の症状が強く出るそうです。
ストレスやら神経性で胃酸が過剰に出るって感じかな。
ま、そんな人のほうが検査をよく受けてる気はする(私なんか胃カメラ何回したか)
暫くは制酸剤のほうを続けたほうが良いよと言われました。

今日の腫瘍マーカー
CEA 2.3(上限5)、CA19-9 7.5(上限37)


キャプチャ腫瘍マーカー


今回術後二年半を経過したところで、検診のほうが半年後となります。
嬉しいやら悲しいやら・・・
OOTANドクターと今度会えるのは半年後笑い泣き

「前にも言ったけど再発する人は早いうちにするから、もう大丈夫」
と言われました。
・・とは言え、術後三年目、四年目に転移する人も見かけますが、私は少ない可能性の中には入りたくないと思います。

来年の4月に大腸内視鏡検査を受け、5月には造影CTとなります。
もう下剤を処方してもらってます(忘れそう~)


(・ω・`彡 )з

この間から探していたキリン柄(ジラフ柄)のバッグが見つかりました~
二年半の検診クリアしたから、自分のご褒美になるわ

二年3ケ月定期検診と心臓検査。

昨日、仕事中に急に肩がズンって重くなって首筋が痛くなった。
そのうち胸が苦しくなって呼吸もしにくい、胸痛が始まって、
あれど~しましょ?
・・・で、もしや狭心症???心筋梗塞?

とりあえず安定剤(ソラナックス)飲んだけど一向に治まらない。
こりゃこの間からの胸痛、背中痛からして本格的に心筋梗塞起こしたか?
17:15までのお仕事だったけど、17:05分頃たまらず仕事場を後にして車に乗り込み、泣きながら家に戻った次第です。

旦那に近所のかかりつけ医のところへ連れて行ってもらった頃にはだいぶ落ち着いてて・・・
結局、今日OOTANドクターの外来の日との旨を告げると、循環器内科のほうへ紹介状を書いてくれました。

今日はその紹介状を持って、腫瘍マーカーと、循環器科の血液検査、心電図、超音波(心エコー)、レントゲン、負荷心電図とやって、来月には冠動脈CTをやります。
本日の検査では特に問題はないだろとの事ですが、冠動脈CTで動脈硬化の状態も解るし、かかりつけ医もそのほうが安心だろうとの事でお勧めなので予約を取ってきました。

 心臓の血管見えるってすごいよね~楽しみ。

昨日の発作はどうやらまたパニック発作っぽい。。。
それと、胸痛は背骨と胸板の間が狭くて胸が扁平な人がよく訴えるそうです。

しかし昨日の発作は半端じゃなかったわぁ~死ぬかと思った。
結局、今日の昼過ぎまで引きずってたからね、ヘロヘロ~


20150811191922878.jpg


んんん、でもOOTANドクターのお顔を見た瞬間に元気出て・・
結局はまた一人芝居して帰って来ました。
(一人でアレコレ喋って、ハイさいなら

おまけに、誰か知らんおじいさんの血液検査のデーターを持って帰ってしまって、訳わからんから捨てました~

今日の腫瘍マーカーは、CEA 2.2(上限5) CA19-9 10.5(上限37)
このままずっと安定してくれればいいな。


そうそう、この間から肩にズンって何かが乗っかって、首を絞められた様な状態になるもんで、ネットで調べていたら・・・

「それは、霊の仕業です」って(笑)。。。。。怖いwa


術後二年のCTクリアしました☆

思えば2013年5月28日、大腸癌の手術をしてからはや二年。
術後二年のCT検査を無事にクリアーしました。
特に何も問題はなく、怪しい影も無いとの事、一安心です。

「だいたいどのくらい経過すれば安心なんですか?」
とか聞いてみたり。。。

「だいたい二年以内に転移とか再発するんですよね?」
とか聞いてみたり。。。

「吻合部がどんどん細くなったりしないですか?」
とか聞いてみたり。。。

とにかく聞きたいことは沢山あるんだけど、OOTANドクターを前にすると緊張して忘れてしまうな~好きなのかな~?
ま、人生いろんな人に恋してドキドキするって事は身体にも良いと思う。

本当に、特にこの一年はあっと言う間に過ぎてしまったような気がします。
どうかこのまま三年、四年、五年と何事もなく過ぎ去ってくれればいいのですが。

血液検査、そして腫瘍マーカーを二年の区切りとして整理してみました。

キャプチャ血液検査

キャプチャ腫瘍マーカー数値

キャプチャ腫瘍マーカー

そして、GW前から下痢をして、お腹が痛かった旨と、CTの造影剤が入った時にも左のお腹が痛くなった事を伝えると・・・
OOTANドクター、久々にお腹を押し押しして診察をしてくれました。

二年経って腹腔鏡下手術の跡・・すごく綺麗になってるでしょ?
・・・って心の中でつぶやきながらお腹を診察してもらったのですよ。
もうね、蚊に噛まれた跡くらいにしか見えないのよね、本当に素晴らしい。

しかしながら腹痛の原因はと言うと不明。。。
画像には何の問題も無くて痛い場所も腸のような胃の様な。
ガスとか機能の問題かもしれないけれど、GWの時には炎症を起こしていたのかもしれないねと言う事で。

今度は八月に血液検査。。。
そしてまた半年ごとにCTを撮っていくんだってサ!
CT撮るのはいいんだけど、造影剤を右手に入れてもらうから血管の出ない左手で採血をしないといけないのが苦痛だな。
今回はハズレな看護師にあたってしまって・・・
①②して「手の甲で」って言うから
「見えるから嫌」って断ったらこの有様③は破れ漏れ~


20150519193916990.jpg
(二回入れて失敗してるのに手の甲って・・血管は確かに見えてるけど、手の甲は案外針を刺したら破れるよ~って元看護師の友人が言ってた)

①②③入れて、上手な人に変わって④でやっと採血出来た
血管出ないって言ったのに、もっと努力してくれれば入ったと思うんだけどな~。
前の人はグッと縛ってたたくとかイロイロしてくれて採ってくれたのに、今回の人は何もしないで刺しては抜き、漏れたから~っては抜きって。
せめてスミマセンとかも言えないって残念な人だなと思う。

人のカラダ、いったい何だと思ってるんだろね、ヘタクソな人の実験台になるほど私お人好しじゃないんですけど。
それに人を犠牲にして成り立つものなんて何ひとつ無いんだよ、世の中には。

ミッチーのライブにノースリーブのワンピ購入してるのに、
上着のカーデが脱げないな~、ささやかな楽しみなのに台無しだよ。

けど家に帰ると、友人が近くまで来てるから~って
呼び出されご馳走されました。
ケーキとオレンジジュースでお腹いっぱいで夕食はパス

CTも異常なしだったし、注射痛かったけど良かったな~


プロフィール

麻花(まぁ~ふぁ)

Author:麻花(まぁ~ふぁ)
2013年大腸がんはリンパに転移ありのステージ3aでした。
手術、抗がん剤治療が終わり現在経過観察中です。
愛犬ココアと楽しく過ごしてます。

いつも読んで頂き有難うございます。

最新の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気ブログランキング

昔の記事一覧

パートナー

9
Author:ココア 女型
2008/11/20生まれ9歳 
                                                                                          

カテゴリ

:::::

リンク

検索フォーム

フリーエリア