06
1
2
4
5
7
8
9
10
11
13
14
15
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
29
30
   

良くない傾向に向かっておりました。

お久しぶりのブログとなります。
お休みを頂くとの事で、心配されて拍手コメントに言葉をくださった方。
本当に感謝しています、有難うございました、要らぬ心配をおかけして申し訳ございませんでした。

実は先週の19日(金)より23日(火)まで仕事のシフトの関係で5連休に突入した矢先に、ちょっと家の中がゴタゴタしてしまい、急に何事に対しても前向きに向き合えない状態になってしまいました。

24日(水)、25(木)と二日間仕事に出かけたのですがイマイチ精神的にも身体の状態も優れない状態ではあったのですが、何とか乗り切り、金曜日からはまた三連休でした。

休みばっかりだな~なんて思いつつも時間の経過の早い事
やっと、「人生なんてあっと言う間、ぼやぼやしてらんない」。。。。よね。
なんて考えられるようになりました。

もちろん問題は山積みで、今後自分が精神的にもどこまで耐えられるかとか考えると不安もあります。
しかし、自分は子供と共に成長し、娘も孫と共に成長して日々学んで行くのだと考えると仕方がない気もします。

実際はものすごく深刻な状態ではあるのですけどね
考え方を変えないと身体に影響するし、まだまだ死にたくないですから。


20150628153759402.jpg



そんな自分の心のメンテナンス中にも振り返ると嬉しい事や楽しいこともあったのです。

「モラタメ」さんで、二つも商品が当選してしまって、まさか当たると思わなかったからすごく嬉しかったです。
「モラタメ」さんでは、タメせる商品をちょくちょく購入してるですが、モラえる商品は全部応募しても今まで当たらなかったのに今回は二つも当たってしまいました。

まず、「ウタマロ」石鹸。。。
これが、非常に優秀な石鹸で、ここまで汗シミとか、泥汚れが落ちるとは思わなかったからビックリしました。
石鹸なんて正直馬鹿にしてた自分が恥ずかしい。


20150628003153273.jpg


そしてタピオカのミルクティー、2本だけど嬉しかった~
これがまた美味しかったです、ミルクティーとの組み合わせが大人の味でバランスが良かったのです。


20150628003220925.jpg

今、「モラタメ」さんでは、新日本製薬のパーフェクトワン モイスチャージェル 75gがモラえる応募してます。


そして、ココちゃんのトリミング
今回はすごく上手く出来たと家族にほめられたのです。
「どんどん腕が上がってきたな~」って。
前回のオッサン刈りがあまりにも不評で、今回はせめてプードルだと解るようにと頑張りました。

20150628003120563.jpg

身体は3mmのバリカンで刈って、今回はお顔の毛は残して足も膝下は残しています。
お顔は徐々にそろえていくつもりです(お顔は難しいです)


20150628003137440.jpg


何もかもが上手くいきますように・・・。

今後は今まで通りマイペースでブログの更新をしていきますので時々覗いてくださいね。


スポンサーサイト

疲れた。。。

私の場合、心労と言うか精神的な疲労が身体の不調に即反応してしまって、今日は朝からとても身体がダルくて動くのにヨイショな状態です。

それでも今日は義父の退院の日でしたので、昼すぎに義母を連れて病院へ出かけ、荷物をまとめて帰って来ました。
義父は意外と元気な感じではありますが、やはり少し歩くと呼吸が苦しいらしく、帰りにスーパーへ寄った際も車から降りずに車内で待機している状態。

どうやらもう旅行は無理な感じで、義母が・・・
「近いうちにうちの家(本家)でみんなで食事をしよう」との事です。

義父は、もうあまり長くはないので、私だけでも長生きしてもらわないと息子(旦那)が可愛そうだと言われるのですが、そればっかりは自分でどうしょうもない。
何せ今、普通の生活が出来ればいいのだけれど、それが出来ない辛さは・・

それに疲れた。。。


20150620215225017.jpg


私は幼い頃貧しかったせいか、結婚して自分のお城を作るのが夢でした。
結婚して27歳の時に念願のマイホームが出来た時には本当に嬉しかった。

子供達が小さいときは友達を呼んでパーティーをしたり、本家の芝生でバーベキューをしたりと楽しかった。
お城は自分の安らぎの場所でした。

そんな我が家ももう老朽化してお化けやしきのような外観になり、近いうちにリフォームをするらしく旦那は日々壁の色やらを検討して図面に色を塗ってみたりして楽しんでいる。

けど、新築の時には、まるでモデルハウスのように片付いていた家も今では足の踏み場も無いほどに散らかり、孫や娘の荷物で溢れ私がどうこう出来る状態ではない。
自分のお城がどんどん占領されて居場所が無くなってく。

毎日、脳天を突き抜けるほどの音量でかけるMUSICに頭がガンガンして神経が休まる暇もない。

何故こんな事になってしまったのだろう。
何時の間にこんな事になってしまったのか?気が狂いそうだ。


それぞれが普通に、普通の生活をしてくれれば何も問題はないのに・・
あまりにも皆、身勝手で、未熟で、何もかも人に頼って甘えて・・疲れた。

仕事も・・・
毎日毎日笑顔で取り繕って自分を殺すような仕事はもう疲れた。


もう疲れた。。。


暫く、ブログはお休みしようと思っています。


旦那の父の肺がん治療について。

今月初めから旦那の父(義父)が肺がんに糖尿病を併発して入院しています。
入院した当初は500ccのペットボトルに5本ほど水を抜き・・・
手術が出来ないので、水を抜いたあと放射線治療をする予定だったのですが結局出来なくて、現在抗がん治療中。

しかしこの土曜日には退院するとの事で、今日義母が主治医に話を聞いて来たと本家に隣接している我が家にやって来ました。

話を聞いてみると、血液の状態???もいいし、あとは家でインシュリンを打って食事制限をしなさいとの事。
あと、「癌」のほうは薬が効かなくなったら仕方がないと言われたそうで、月に一回は注射をしに来なさいと言われたそうです。

私が義母に、「薬って、抗がん剤をしていくん?」って訪ねたら、
「いやもう入院はせんでもえ~って言うたけん抗がん剤はせんやろ」との事。

「癌」に対しては無治療ってことなのか?
いや、よく聞いてみると抗がん剤は入院してするものと思っているらしい。
なので、今後はどんな治療をするのかは不明。


20150612224757310.jpg


「麻花さん、今日先生に聞いて来たけんな!」って、
何とも勇ましくやって来た割には一体何を聞いてきたのかよく解らんです

私としては糖尿病だし抗がん剤治療をして体力が持つんだろうか?と心配し、旦那に主治医と一度話をする様に勧めていたのですが、
「俺が聞いても解らん」って言うので、近々私が聞く事(・・・と言うか、治療のお願い)になっていた矢先の出来事でした。

旦那も「もうえんとちゃうん」って言うし、今後は義父の様子を見ていくしかない様です。
案外、長生き出来るかもしれないし、私の癌のせいで先延ばしになっていた旦那の両親を連れての旅行は是非行って欲しい。

それにはやっぱり生活のQOLは落とさない様な治療をしてもらいたいと思ってます。
余生は楽しく過ごして欲しいですから。


待ち遠しいな~等身大ポスター。

私はこの間からまた楽天でイロイロ購入してしまって、
財布をはじめ、オヤツの素焼きアーモンドやら、しょうが紅茶(この時期に?)
スマホのデコケースまで注文してしまった。
流石に月の支払いが一万を越えるとキツい

今日、職場からの給料明細が届いていたけど、今月は6万無い
交通費(ガソリン代)引くと、なんやかんや支払いで殆ど無くなる感じヤバッす!

しかも、9月にTAKAHIROの1stアルバムが発売されるんで予約したし~
the VISIONALUX(CD+DVD)のやつ、TAKAHIROの等身大のポスター付きだから。
けど、初回生産限定盤なんか、3枚組CDアルバム+3枚組DVD+写真集3冊で¥17,280(税込)だし、そんなん買えないし、写真集は要らないんだよね。
ただ、等身大ポスターは要る(マイルームのどこに貼ろうかと検討中)


「ワイルド・ヒーローズ」もう終わっちゃうけど・・
ドラマの中のTAKAHIRO、可愛いすぎて胸キュンキュン
それでもね、アップで映ると髭が濃いんよね
もうTAKAHIROは、まるっきり男やな~思う。男臭~ってか。。。


20150612224812353.jpg


なんか、ミッチー(及川光博)とは正反対の魅力というか・・
ミッチーがセクシー、ステキ~、美しい~、色気があるのに比べ、
TAKAHIROはまるっきり男~!!!!!って感じで、色気ってのは感じられない。
特に最近はますます男~~~!!!!!・・やな。
それもまた良かったりしてね、とにかく好いわ~

2008年に香川にSHOWCASE LIVEで来た時には
「何て美しい子なんだろう~」と思ったもんです。
LIVEが終わって、裏ピースをして去って行った姿が懐かしい。

TAKAHIRO待望のソロアルバム発売おめでとうね~


今年のファンクラブの継続特典、スリッパ。
持ち運び用かな~


「悠々自適」ね~。。。

最近職場に訪れる妊婦さんやら小さな子供達を見ていると
遠い昔々を思い出します。
私が妊娠、そして出産と・・それはもう30年以上も前のことなのに、
ついこの間の出来事の様に頭の中を走馬灯のように駆け巡る時があるのです。

娘は今年32、息子は28・・そして孫は中学二年になってます。
そりゃそうだ、私が20で結婚して娘を出産、娘は18で孫を産んだんだから。

同じくらいの年代で中学生や高校生のお子さんをお持ちの方は沢山居る中で
私は子育ても終わり、子育てどころか孫だってそろそろ手が離れかけている。

そう考えると確かに私の人生、
もうラストステージに突入してきたのかもしれない。
どうせならラストステージは華やかに優雅に気ままに過ごしたい。

それには、そろそろ今の生活から開放してもらわないと


20150606193301158.jpg


子供の手も離れ、本来なら自分のために働き自分の時間を楽しんでる筈。
でも、私はなんだかず~っと子育てをしてる・・・子供に孫。
すでに自分が楽しむ時期を逃してしまって、今自分に出来ることが限られている。
10年前・・・5年前まで余裕で出来てたことが今は出来ない。

遊ぶか仕事か家の用事か~てな感じで、仕事も遊びもは出来ない。
とにかく一つの事をするのが精一杯で、仕事が終わって家に帰って食事の支度して娘を店まで送って行くのがすごく疲れてしんどい。
しんどくてボ~っとして道を間違えたりするので娘に怒られたり

夜、寝ようと思っても孫が夜更かしすると眠れず
・・やっと眠りに入ったら早朝3時ごろに娘が帰宅
一旦目が覚めると、それから眠れなくて、睡眠も2~3時間の事も度々。
だからいつもボケ~ってしてる感じ私。


20150606193329967.jpg


先日、とある会社に面接に出向き、子供の年齢やら自分の話をしたところ
適性検査をしてくれた女の子から、「悠々自適ですね」
・・・なんて言われたんですが、まだまだそこにたどり着く道のりは遠いと思います。

まず、「悠々自適」な生活をするにもお金が無いからしっかりと仕事しなきゃなんですが、寝れないと仕事が出来ないので、今娘や孫にお願いをしている最中なんです。

今夜は孫は友達の家にお泊り、旦那は出張
・・・けど私、明日は仕事休みだわよく眠れてもしょーがない。

ま、今夜はまったりするかぁ。。。


営業か愛情か?枕営業の概念。

5月28日(木)に朝日新聞デジタルから配信された記事で、
  「銀座のクラブママが夫に「枕営業」 妻の賠償請求を棄却」と言う、
かなり大胆な見出しに目を惹かれて内容を読んでみると・・・
東京地裁が「売春と同様、商売として性交渉をしたに過ぎず、結婚生活の平和を害さない」と判断し、妻の賠償請求を退ける判決を出していたことがわかったというものだった。

この記事の内容についてはかなりの反響があった様で、
昨日「弁護士ドットコム」のほうでも内容が取り上げられ、
  「枕営業は相手の結婚生活を害さない」話題の判決の論理だと「愛人作り放題」になる?」と言う、これまた大胆な発想で先行きを危惧した記事が出ていました。

そもそもこの裁判内容、東京・銀座のクラブのママをしている女性が、客である会社社長の男性と約7年間、繰り返し性交渉をしていたことが問題になり、男性の妻が「精神的苦痛を受けた」として、女性に慰謝料400万円を求めたのだが、裁判所は妻の請求を退けたと言うもの。

早い話、枕営業は売春同様で「売春婦が対価を得て妻のある客と性交渉しても、客の求めに商売として応じたにすぎない」と指摘。
枕営業は「優良顧客を確保するために要求に応じて性交渉をする営業活動」
「枕営業をする者が少なからずいることは公知の事実だ」
と指摘したもんだから、愛人作り放題OK?と言う展開に発展したもよう。

「被告(クラブのママ)は『男性との間で不貞行為はなかった』
として争っていたので・・
『仮に不貞行為の存在が認められるとしても』
という前提で、論理が展開された。


20150603102449138.jpg


ま、妻の立場から言うと・・・
愛人はソープランド嬢と同じで、それこそ裁判官が言う様に、銀座のクラブのママは顧客の性欲処理に商売として応じたにすぎず、何ら婚姻共同生活の平和を害するものではないと言う観念にはある意味共感は出来るものの・・・

さて、それが「枕営業」の概念を考えてみると、これまた違ってくる。

「枕営業」という言葉はあらゆる業界に定着しているもので、特に芸能人始め社会に置いて出世を遂げている殆どの女性がターゲットにされておるのが現状。
そこに決まって妬みでいらぬケチをつけたがる人も存在するのも確か。

確かにそこいらの会社やら、テレビで活躍している女性らを思い浮かべてみると、そこそこ綺麗で魅力的ではあるし、その人が仕事が出来るとか、人柄が良いとか、そんな事は解らん。

ただ、今回の銀座のクラブのママも、企業のセールスレディーも、社会で活躍を遂げている女性達も、すべての場において確かに努力していると思う。
たとえ「枕営業」だろうが、純粋に努力と誠意を示した行為で対価を得ようが、そんな事は誰にも証明できるものでもないけれど、努力の出来る者は成功するのは確か。

女が男に媚びて対価を得られるという、そんな器用な女ならそれを武器に稼げるだろうし、身体に自信がありそれに対する対価が支払われるのならそれも武器になるだろう。
求めるものが美であり、それが武器として通用するのであれば整形でも何でもすればいいのでは?
兎に角、自分も出来ると思えばやればいいのだ、ただそれだけ。

努力に対してそれ相応の対価を得るのは男も女も同様で、プロセスは様々。
ただ、「枕営業」に関して言えば、ビジネスの世界では精神的な繋がりは永遠に続くものだけれど、肉体的な繋がりは長続きしないと考えたほうが良さそう。

銀座のクラブママが夫に「枕営業」 妻の賠償請求を棄却

「枕営業は相手の結婚生活を害さない」話題の判決の論理だと「愛人作り放題」になる?


プロフィール

麻花(まぁ~ふぁ)

Author:麻花(まぁ~ふぁ)
2013年大腸がんはリンパに転移ありのステージ3aでした。
手術、抗がん剤治療が終わり現在経過観察中です。
愛犬ココアと楽しく過ごしてます。

いつも読んで頂き有難うございます。

最新の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気ブログランキング

昔の記事一覧

パートナー

Author:ココア 女型
2008/11/20生まれ8歳 
                                                                                          

カテゴリ

:::::

リンク

検索フォーム

フリーエリア