06
1
3
4
5
6
7
9
11
12
13
14
16
17
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
   

前の愛犬が18年も生きた訳!

まぁ~、あの子(愛犬ミニダックス)ファジーが長生きした訳には案外、かまってちゃん不足もあるんではないかな・・って思う次第

何せ、前の愛犬ファジー♂は本当にやんちゃで、ほとほと困り果てて

本来ならミニダックスって室内犬なんだけど、やむを得ず屋外に出してしまったんですよ。

もちろん屋外っても快適空間ではあったんだけど、家族が今の子ほど構ってやらなかった気がする。

思えば、あの子は誰にでも攻撃的で家のもんにしか懐かず・・

客が来ても、帰るまでずっと吠えてて、可愛そうだけど誰にも可愛がって貰えなかったと思う。


私は結婚する前、もう30年以上も前には柴犬(太一)を飼ってたけど、あの頃はフィラリアにかかったら助からない時代で・・

弟のサッカーの遠征で忙しかった親が、つい一回注射を(あの頃は注射だった)受けにつれて行くのを忘れたばっかりに、翌年に血を吐いて死んでしまった。

あの頃は家の中で飼うという習慣はそんなに無く、外にクサリで繋いで飼ってたから私にとっては「犬のしつけ」と言うのは無縁なことでした。。


結婚して、上の子が小学生に入る時に本家の隣に家を建てたのをきっかけにファジーを飼い始めたんだけど「しつけ」が難しくて、オシッコも結局は屋外に出すまでずっと家の中でどこにでもマーキングしてた

オスなんで、去勢をするとおとなしくなるとか言われたけど、旦那の「かわいそうや」と言う言葉で断念

テーブルの上にちょっとでも食べ物を置いておくと必ず食べてた。

子供にヤキモチを焼いて、子供の手袋や靴下は必ず噛みちぎってた。

子供に片付けを言ってもしない、ファジーに言っても聞かない!もうど~しょうもなくて屋外飼いになってしまったけど、18年も生きてた。

最終的には、耳も聞こえない、目も見えない、嗅覚も弱くなり、昼間も夜も殆どハウスの中で・・

呼んでも聞こえないから、壁とかを叩いて振動で伝えて、やってきたら口のところに餌を持っていく。

そんな生活が2年かそこいら続いて亡くなった。

最期には家で介護となりオムツをし、虫の息となったファジーはやがて息を引き取った、それこそ大往生だったと思う。

ただかわいそうな人生だった気がする。

正しくしつけが出来なかったばっかりに、人間に可愛がられず孤独のまま亡くなってしまった不良犬


それから数年も経たずに来たのがトイプードルのココア

女の子のせいか性格はおとなしく、トイレも特にしつけと言うしつけをするまでもなく覚えたし・・

本当に愛玩犬と言う名のとおり、人間に可愛がられる為に生まれてきた子。

生理が始まって、発情期の兆候が出るとあれだけファジーの時は「かわいそうや」と言ってしなかった避妊手術も、ココアがぬいぐるみを股に挟んで発情してるのを見るのが嫌なのか、手術を促した旦那。

そんなもんかな?と思ったもんだ。


今ココアは家族の一員であり、おそらく自分の姿も自分では見えないだけに、自分を人間だと思っているらしく鏡に姿を映してもよく解ってないみたい。

私は1F、旦那は2Fの部屋で寝てるけど、まずはココアは旦那の部屋へ、そして夜中には私の部屋にきて寝てる。

ふと夜中に気づくと横で寝てるから可愛い・・けど、朝には居ない

夜中に帰ってくる娘をお迎えしたらまた旦那の部屋に戻るようだ。

かなり家族に気を使って忙しいのか、昼間は殆ど寝てる次第。。。


それでも私が食事やオヤツを食べだすと、ムクッと起きておねだり・・・

こ~言うのがワンコの命を縮めるのかなって思うけど

つい、少しだけやってしまう。。。



こんなのもワンコの寿命の長さと大きく関係あるのかなと、今思えば。。。

今のワンコたちって腎臓とか悪くなるみたいで、それと言うのも私みたいに可愛さのあまりに人間の食べるものをつい食べさせてしまう

いけないと解ってるんだけど、やってしまう。。本当に気を付けないとと思う。



関連記事
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

麻花(まぁ~ふぁ)

Author:麻花(まぁ~ふぁ)
2013年大腸がんはリンパに転移ありのステージ3aでした。
手術、抗がん剤治療が終わり現在経過観察中です。
愛犬ココアと楽しく過ごしてます。

いつも読んで頂き有難うございます。

最新の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気ブログランキング

昔の記事一覧

パートナー

Author:ココア 女型
2008/11/20生まれ8歳 
                                                                                          

カテゴリ

:::::

リンク

検索フォーム

フリーエリア