06
1
3
4
5
6
7
9
11
12
13
14
16
17
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
   

憂鬱だな。。。

今日は朝から道路が凍って・・
そこいら中で事故だらけだったと義父が言ってました。

確かに今朝は寒かったから・・・


それにしてもなんとなく憂鬱な私。。。



この間から色々と考える事が多すぎて・・
急にストンと落ち込んでしまうんです。

あの新幹線に飛び込んだ天童の中学1年の女子生徒
まともな精神状態だったら、新幹線に飛び込んだら自分の体がどうなるかくらいは理解出来ただろうなって。

そういえば長崎の子は虫を食べさせられていたと。
陰湿・・・拷問みたいだ。

なんか、そこまで人一人追い込むって罪だよね、犯罪だよね。

私なんか、再発や転移に怯えて暮らしているけれど
ふと気づけば、恥ずかしいほど臆病で、無力な自分が居て悲しい。



関連記事
スポンサーサイト

No title

なんかそういう時ってありますよね、どうも気分が上がらない。

そんな時は無理しない、誰も臆病で無力です。

ごめんなさい!長くなっちゃった。

麻花さん おはようございます。

同じ年頃の娘をもつ身としては 心が痛くなります。
娘たちは学校であったことを 割と細かく話してくれますが、今のところ目立ったイジメはなさそう。
ただ、友達同士の発言の中に「そんな言い方はないんじゃない?」と思う鋭いものが多いみたい。
きっかけはそんな些細なすれ違いから
そして 自分は少数派になりたくないから・・・が 仲間はずれの始まりじゃないかな?と思っています。

イジメにしても、私たちの病気にしても気持ちの慣れって怖いなぁと思う。

私もたまに 落ち込みます。
私たちはステージの違い、予後の違いこそあれ再発に怯えながら日常をすごしています。
でもズンズン深みにはまっていくと その気持ちが身体を蝕んでしまう気がする。
だから 怯えるのも落ち込むのも当たり前だと思って、ストンと落ちたらまた上がればいいのかな?と思っています。
会話を交わすこと、こうやって書き記すことがニュートラルに戻るきっかけなのだと思いますよ(*^^*)

Re とんとん子さん

コメント有難うございますね✩
この病気になって特に落ち込む事が多いです。

昨日は旦那が休みで家に居たから余計に憂鬱でした。
前記事の薬トラブルの事を話したら、病院は間違ってないと言う人だし、抗がん剤についても理解はなかったし、身近な人に自分の体の事も理解してもらえないって辛いなと思います。

そ~言う事で言い合いとかした時に、イジメや体罰で精神を患って亡くなってく子供たちの苦しさとかを考えたりしてしまって、自分の無力さが体の中にズンと入ってきて苦しくなるんです。
そして私はまだ大丈夫だと自分に問いかけて確認したり。

Re ともさん

ともさん、どうもありがとう✩
最近のイジメも昔は靴を隠したり、私なんかカバンに蓑虫いっぱい入れられた事がありますけど、今思えば可愛いもんでした。

今苦しんで亡くなった子供たちって、イジメのやり方が大人がするみたいに陰険なんだと思います。先生の前では仲のいいふれをさせられたり、影でやってるんでしょうね。あと生徒同士もですが、担任の先生に解ってもらえないって言う悲しさは辛いですよね。

私は自分の子供が小さい時は、何度も幼稚園の先生や学校の先生に怒鳴り込んで行きました。子供を助けられるのは自分しか居ないから。クレーマーみたいな親だったかも。

言葉のきつい子って自分では理解していないけど、言われたほうは傷つくでしょうね、言い返せる子ならいいけど。
うちの孫は言葉がきついから逆の意味で心配してますよ(^_^;)

この病気は、実際自分がなってみないと解らないですよね、理解してもらえないのは仕方が無いなとは思います。
でも、まだどちらに転ぶにしても自分の精神がしっかりしたまま生涯が終われるならば、素直に受け入れなきゃなとは思ってます。
自ら命を絶った子供たちのように、自分で自覚が無いのに天国へ行ってしまってた~みたいなのは本当に不憫でかわいそうで不幸です。
わたしたち大人、親がもっとなんとかな・・と切実に思います。

Secret

プロフィール

麻花(まぁ~ふぁ)

Author:麻花(まぁ~ふぁ)
2013年大腸がんはリンパに転移ありのステージ3aでした。
手術、抗がん剤治療が終わり現在経過観察中です。
愛犬ココアと楽しく過ごしてます。

いつも読んで頂き有難うございます。

最新の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気ブログランキング

昔の記事一覧

パートナー

Author:ココア 女型
2008/11/20生まれ8歳 
                                                                                          

カテゴリ

:::::

リンク

検索フォーム

フリーエリア