07
2
3
4
5
7
8
9
11
13
14
15
17
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
   

味噌煮込みうどん

この間注文していた土鍋・・・と言っても、本格的な焼き物ではなく
IHで使用出来るホーローの土鍋ふう鍋が昨夜届きました~

ずっと一人用の鍋を探していたんだけど、
IH専用の本格的な土鍋と言うとかなり高価で、購入は無理と判断
そこで雰囲気だけでも楽しみましょうという気持ちもありコレを購入した訳です。

IH対応・土鍋風ホーロー鍋 弥生(18cm・1人用)


そこでそこで。。。




早速ではありますが、今日のお昼に「味噌煮込みうどん」を作ってみました。

「味噌煮込みうどん」と言うと名古屋ですね~
そう言えば2010年に愛知スタジアムへ出かけた私は
名古屋駅で迷った苦い思い出が・・
EXのライブの後夜祭に出かけた後、夜行のバスで帰る為に名古屋駅まで戻ったものの、高速バス乗り場が解らなくなってしまって本当に困った
現地の人も案外知らなくて・・聞いても解らずで本当に困ったもんだ。

そう言えば大阪城ホールへ行った際も、大阪城公園をランニングしている人に
「大阪城ホールはどこですか?」と訪ねたら・・
「さぁ?そこを左に曲がればライブしてるとこあるよ」と言われ・・
行ってみたら全然違う所にたどり着いた思い出が。。
今思うに、環状線に乗っていけばいいものの、地下鉄で行ったから公園の入口から城ホールまでだいぶ距離があったのよね。

結局、自分しか頼りにならんとはこの事かな思った次第。

具材は、椎茸、油揚げ、ほうれん草、長天、たまご
もうちょぃ味噌入れても~な感じですが、いきなり味が濃ゆいんは心配なんで。



味はね~、こんなもんですかね。。。美味しかった星3つ

あまりにも、私らの食べる姿が面白いと、娘が写メを撮ってくれました。
ココちゃんはうどん好きだからな~

ペロッと舌を出すココちゃんが可愛い~




さて、今日は本題が先にきたので余談という事になりますが・・

俳優の加山雄三さんが、現在奥様とは別居中であることを告白されましたね。
結婚という形を持続しながら夫婦が互いに自分のライフスタイルを楽しむ
「卒婚」状態である事を。

確かに子育て真っ最中の夫婦であれば考えられないことなんでしょうが、子供も独立し夫婦と言えども会話もない状態になってくると、自然と暗黙の了解でそのような形にはなるものです。
お互い何をしようが特に気になる訳でなし、「卒婚」状態が楽だと考えても不思議ではないですね。


関連記事
スポンサーサイト

No title

鍋焼きうどんなら知っていますが、味噌煮込みうどんって食べたことないかも・・・、うどんの味噌汁バージョンですか?
うどんって色々なバリエーションありますね!

「卒婚」ですか、同じ趣味でも持っていたら違うのかもしれませんが、どこの夫婦も似たようなものかもしれませんね~(^_^;)


Re とんとん子さん

こんばんわ♪いつもコメント有難うございます。

私も「味噌煮込みうどん」は食べた事がないんですけど、すごく濃い色して辛そうなんですよね。
だから、今日自分で作ったのはほぼ味噌汁です。
そう、全く味噌汁です(笑)(>_<) 本場のが食べたい~

「卒婚」年齢を重ねていくと、男の人とも意識せずに食事をしたり、精神的な関係で遊べるので、若い頃よりは楽しめるかもしれません。

我が家も、家庭内では一緒な部屋に居るのは食事をする時だけです。
だからといって険悪な感じでもないし、単に同居人です。
お金があれば別居もいいかもしれません。

No title

味噌煮込み…僕が言うのも、単なる「お節介」「大きなお世話」ですが

うどんは、讃岐風ではなく「きしめん」
出汁は鰹節を利かせて、味噌は八丁味噌(赤味噌ですね)
具材は、鶏肉にネギ椎茸、エノキなど(餅や天麩羅なども可)
一人用の土鍋で「蓋をせずに煮込んで」
仕上げに、月見の卵をポンと割り込むのがお約束。

変化球メニューとしては(大阪ですが)
「スジ煮込みうどん」というヤツがあって
牛筋に青ネギ、こんにゃく、エノキ…なんかの味噌煮込みきしめん
なんですが、これが、なんとも後を引く美味しさで
機会があれば是非。

食べ方は、熱すぎるので、小鉢に移しながら食べます。
名古屋では、味噌煮込み用の土鍋の蓋には穴がなく
蓋を器にして、うどんをすすります。

以上、大きなお世話でした。


趣味や仕事が同じでも、歳を取ったら「卒婚」というか
僕のところも、ほぼほぼ家庭内別居ですよ(笑)
家内も仕事があるし、生活時間も違うので
たまにしか会いませんが、その方が平和みたいですね(笑)

Re 癌ダム4Gさん

こんばんわ~☆

きしめんなんですか~?知らなかったです。
あと、味噌は一応赤味噌を使ったんですが、名古屋の味噌煮込みうどんのように濃くは出来ませんでした。

>一人用の土鍋で「蓋をせずに煮込んで」
仕上げに、月見の卵をポンと割り込むのがお約束。

一人用の土鍋はクリア、「蓋をせずに煮込んで」 はミス!
卵は生が苦手なんですよね、しっかり煮てしまいました。

エノキが出てくると辛いもんあったりします(´Д`;)
あとコンニャクも。
なかなか食べれるものがないと言うのもキツイです。

大阪はすじ肉を焚いたもんよく食べるらしいですね。
前に海遊館だったかな~大阪横丁ですじ肉を甘辛く煮たのを食べました。

ま、元気なうちに本場の味噌煮込みうどんは食べてみようと思ってます。
あと、ひつまぶし?ひまつぶし・・みたいな名前のうな丼ですかね?
なんか有名らしいので。

そうですか、どこの夫婦もそんな感じですよね。
私も一人が楽なんで、夕食が終われば自分の部屋に篭ってます。

どうも有難うございました♪゜・*:.。. .。.:*・♪

No title

味噌煮込みうどんなんですね!一瞬カレーうどんに見えました(*^。^*)
カレーうどん大好きなので・・・(笑)
味噌煮込みのうどんも美味しそう♪
一人用の鍋は便利ですよね。私も毎日のように活用しています。

Re Michaela さん

こんにちわ、コメント有難うございます。

カレーうどん・・ふふっ♪゜・*:.。. .。.:*・♪
今度はカレーうどんにしょうかと思います。
私もカレーうどんは大好きです。
やっぱり味噌煮込みうどんは、味噌汁うどんになります(笑)

この鍋は、火の通りも早いけど、冷えるのも早いです。
ネコ舌なんでちょうど良いんですけど。


ひつまぶし…

え~っと、失礼いたしました。
エノキもこんにゃくも入れなくてOKです。

半熟の黄身を出汁に溶かして、ソースのように使うのですが
苦手なら、なくても良いと思います。

讃岐の人に「きしめん」は受け入れがたい屈辱かもしれませんが
粉のついた「乾麺」を八丁みその出汁に直接入れるので
その「粉」でとろみがついて、丁度良い出汁の加減になります。

味噌煮込みうどんは、「うどん」と言うよりむしろ
長野の「ほうとう」とか、「すいとん」の親戚だと思った方が良いと思います。

え~っと、イラン事ですが
カレーうどんは、和風の出汁にカレー粉を溶いて
水溶き片栗粉でとろみをつけるんですよ(笑)
間違っても、普通のカレールーを使ってはいけませんから、念のため。

それから、「ひつまぶし」の作り方、食べ方は、こちらから。
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-368.html
土鍋が良いけど、もちろん普通の炊飯器で作れます。

Re 癌ダム4Gさん

え~と・・Reコメが後先になってしまって・・

讃岐の人に「きしめん」は特にそこまでは意識してはいないですよ~
そうめんも好きですし。
ようするに讃岐人は麺好きなんですかね?

「すいとん」なら解ります、戦時中に食べてましたから(大笑)

どっちにしても、味噌が足りんと言うか・・
もっと濃ゆいのが本場の形ではないかと思ってます。

「ひつまぶし」、あれっ?
ウナギの原型がないですね、もしかして「炊き込みウナギご飯」がひつまぶしなんですかね。。。(´Д`;)
これなら私はうな丼のほうが良かったりして。

ちなみに、私はカレーうどんは、モロにカレーをかけます。
だし汁にカレー粉を溶いた薄いダシじゃなく、ドロッとしたカレー!
つまるは、ご飯のかわりにうどんです。
これも好みではありますけどね、自宅で作ったカレーライスの翌日は必ずカレーうどんです。

どうも有難うございます♪゜・*:.。. .。.:*・♪

しつこくてごめんなさい

そうですよ
「ひつまぶし」とは、「炊き込みうなぎご飯」です。
うなぎの量は、うな重の2/3程度です(笑)

だから、うなぎは一膳目で食べて
二膳目は「おかず」と一緒に食べるとか
三膳目は「出汁をかけるお茶漬け」で…となる訳ですね。

まぁ、僕も「うな重」の方が好きですが(笑)案外乙な味ですから
食文化の世界を広げる…という観点から
一度経験してみるのも、新しい発見があって良いかも知れませんよ。


さて、和風だしのカレーうどんには誤解があります。
(説明も足りなかったかな?)
決して薄い出汁ではありませんが…念の為、詳しく言いますと

まず、カレー粉小さじ山盛り1杯程度を
カップ1杯に足りないくらいの出汁で溶いて
薄切りの牛肉とぶつ切りのネギを加えて煮立て
水溶き片栗粉で固めて「濃い目のカレー餡」を作ります。

うどんは、普通に湯掻いて、丼に入れ
うどんがヒタヒタになる程度の「普通の出汁」をそそぎ
その上に、↑に書いた「カレー餡」を乗せて
混ぜながらいただく…というスタイルです。

もちろん好みの問題ですから
どんなカレーを使おうと構いませんが(笑)
いろんなレシピを知った上で、自分流にアレンジする方が
味覚の世界も広がって良いように思いますが、いかがでしょうか?

ご近所の方なら、旨いカレーうどんを食べに行こう!
と言いたいところですが
まぁ、ブログで味までは伝わりませんので、作り方でご容赦ください。

Re 癌ダム4Gさん

しつこいの大丈夫です(笑)いらっしゃいませ~

>うなぎは一膳目で食べて 二膳目は「おかず」と一緒に食べるとか
三膳目は「出汁をかけるお茶漬け」で…

鯛めしのほうが美味しいんじゃ?

けど、私はグルメ派ではないですが、各地の名物くらいは食べてみたいものです。

たまにネットでも、味噌煮込みうどんsetとか販売してるんですけどね、どうもクチコミが信用出来なくて。
味覚は人によりけりなんですけどね、やはり本場の味を最初に食べた方の評価は「これが味噌煮込みうどんか?」とかってなりますよね。
なのであえて買おうと思いません。

カレーうどんの、そのわざわざ水溶き片栗粉で固めた「濃い目のカレー餡」を作ると言う手間さが理解出来ないんですよヽ(*´∀`)ノ
おそらくはうどんに絡まりやすいという感じなのかもしれませんけど。

う~ん、これも本当に美味しいカレーうどんを食べた事がないせいかもしれませんね。

ありがとうございましたm( _ _ )m

えっと、ラストです(笑)

う~ん、面白いので、もう少ししゃべらせてください。

…というか、子育てが終わって
癌にもなって、余生をどう楽しむか?…という意味でも
重要なテーマとして、「食べる楽しみ」というのがあります。

※失礼な話ですが、僕も同じ立場なのでお許しを。
さらに、お互い「食に制限のある身の上」ですから
なおのこと、食をあきらめるのではなく
「食べるありがたみ」を精一杯、楽しむ姿勢も大事だと思います。

さて、「鯛飯」ですが、いくつか種類がありますよね。
1.生の鯛を米に乗せて炊き上げる
2.焼いた鯛を米に乗せて炊き上げる
3.ご飯に、鯛の刺身を盛り付けて、胡麻ダレとかを混ぜながらいただく
そして、それぞれにお茶や出汁をかけて頂く「鯛茶」などなど

それに対して、うなぎの食べ方は?…と言うと
うな重(鰻丼)、そのセパレートの蒲焼き、う巻き、うざく…くらいのモノ。
その食べ方に、新しい提案があった…というのが「ひつまぶし」
…という事じゃないかな?などと思う訳ですね。

たとえば、ですが、ひつまぶしの食べ方を鯛飯に例えると
一膳目を「鯛飯」で楽しんで
二膳目は「鯛の炊き込みご飯」を、「それに似合うおかず」と共に食べ
三膳目は「鯛茶」でいただく…という趣向だと思ってください。

「鯛飯」だって、一種類しか認めない!…ではなく
それぞれに美味しいと思う方が楽しいし、世界も広がる…と思う訳ですね。


味噌煮込みうどんは、本場で食べる楽しいを残しておくとして
花かつおをを振りかけて食べる、シンプルな「きしめん」や
「きしころ」と称する、冷たいきしめんも、経験としてお勧めです(笑)
隣町「岡崎」の「大根菜めし」も、美味しいものですよ。


で、カレーうどんですが、なぜ濃いめの餡」かと言うと
うどんを挟んで、下に「うどん出汁」上に「カレー餡」がある事で
食べるたびに「味が変化してゆく」…のが、美味しさの秘密なんです。

最初の二口三口は、熱々のカレー味
次に、具材の味を楽しむ、いわゆるカレーうどんの味
それから、普通のうどんだしと馴染んで行って
ラストは、汁まで飲み干せる、…という「銘店の味」ですね

かなり前、「食う」「寝る」「遊ぶ」というコマーシャルがありましたが
食べることは、人間の原点的喜びの一つ。
僕だって「その一部を奪われている」訳ですが
だからといって、その全部をあきらめてしまうのは、
いかにも悔しいじゃありませんか(笑)

いらんことですが、「食」に対してあきらめてると言うか
なんだか凄く投げやりな印象を受けました。
杞憂なら良いのですが…などと思いながら

そんな「あれこれ」も含めて、美味しく暮らしけくださいね。

Re 癌ダム4Gさん

毎度ありがとうございます、ラストですか(笑)

確かに人生においての食べる楽しみというのは皆あると思います。
私も食べたいものは沢山ありますし。
けど、なんか食べれないですね私は・・(;´д`)
特に手術をして以来、お腹いっぱい食べた事もないですし、抗がん剤の影響でずっと味が解らなかったもんで、そこまで美味しいと感じて食べた事も無かったです。
今でも、うどんくらいですよ、安心して食べられるのは。

ここ4~5年はほとんど食で楽しんだことも無かったです。
ずっと食べれませんでしたから、そして腸閉塞で癌と続いて抗がん剤でしたからね。
最近少し冒険も出来るようになったんですけど、それでも胃腸の機能が追いつかないんでしょうね、無理しても後が辛い。

本当にうちの旦那の家族はお腹が丈夫で、旦那の母親もあちこち日本や海外と旅行をしてグルメも楽しんだようですが、私はそういう機会もなかったですしね。
これも運命ですよ、自分のぶにだと考えてます。

食を楽しむことは好きですし、いろんなものを食べてみたいとは思います。

カレーうどんにそんな事情があったとは知りませんでした。
そこまで本格的なのを出す店は讃岐には殆ど無いような気がします。

こちらでうどんを食べれば解るように、うどんの価格が非常に安い。
都会の方がビックリするような価格で提供してますからね。
それこそ、器や見た目、店舗にお金をかけないとお金は取れないんでしょうね。そんな店もありますが、転勤族の方や、雰囲気にこだわる場合です。

一般では、かけうどんで、400円も出して食べる人はまず居ません。
今でこそ200円超えましたが、今までは100円代でしたから。

「食う」「寝る」「遊ぶ」の中で「寝る」事が私の一日を占めている感じです。「寝る」事が何より幸せですから~
夢を見たりして楽しめますし、食べる事より寝る事が好きです。

うな丼はこちらに有名な美味しい店があるんですよ、それに自分でひつまぶしを作った所で、ウナギの良いのが手に入りません。中国産ではちょっとね。
・・なので私は鯛めしを作ってみようかと思いますね。
お魚が好きです、特に鯛なんかだとあっさりしてますもんね。

よし!チャレンジしよう~♪ ありがとうございました。
Secret

プロフィール

麻花(まぁ~ふぁ)

Author:麻花(まぁ~ふぁ)
2013年大腸がんはリンパに転移ありのステージ3aでした。
手術、抗がん剤治療が終わり現在経過観察中です。
愛犬ココアと楽しく過ごしてます。

いつも読んで頂き有難うございます。

最新の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気ブログランキング

昔の記事一覧

パートナー

Author:ココア 女型
2008/11/20生まれ8歳 
                                                                                          

カテゴリ

:::::

リンク

検索フォーム

フリーエリア