05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

「GTO」気取りの教師に憤慨!

先日、うちの孫が部活の帰りにガムや飴を食べている所を先生に見つかり、注意をされたそうで、その際に教師に呼び出されて言われた言葉が・・

「少し家庭の事情を調べたんだけどお父さん居ないんやって?もしかして家で暴力とか振るわれてるん?」と聞かれたそう。

孫は「はい、叩かれてます」と答えたそうで・・
そうしたら、「ま、そう言う事でイライラして学校にガムとか持ってきたんやね」と言う話になったそう。
(何で片親で、暴力振るわれてイライラして・・になる訳?)

そして、その後に話したその教師の身の上話が大問題!

「実は先生も親に虐待を受けて育って、反抗してバイクを乗り回したり悪いこといっぱいした・・・云々」
「そういう子供に虐待をする親は、自分も虐待を受けて育って来たから子供にそういう事をするんや、先生はグレて悪い事をしたけど、●●さんはそうならんようにな」
・・・と孫に話したらしい。

昨夜も期末テストの結果が悪いのと、部屋の片づけが出来てないと言う事、その他もろもろで娘が孫を叩いていたのは見てたが、別に虐待でもないし、単に教育の一貫として、親が愛情をもって子供の為に叩くという行為で、私としては何ら問題は無いと思う、思った。

それでも、娘を仕事に送ってやって、家に帰って孫と話をしていると・・
「ママは虐待をされて育ったけん私にも虐待をするんじゃわ、ばばママ(私)がママを虐待しよったんやろ?」と言う訳。

ま、確かにうちの娘は息子と違って言っても聞かないし、口も達者、手を出して育てた子ではある。
けど、決して愛情がなく暴力を振るったと言うわけでもないし、虐待言われるほど体に跡が残るような体罰を与えたこともないから、ふいな孫の言葉にビックリした。

「違うよ、ママが●●ちゃんを叩くんは虐待やないよ、●●ちゃんの事を思って叩いてるんよ。虐待と、親の体罰は違うよ」って説明しても聞く耳持たない。

「あれは虐待やわ~」と言う孫によくよく話を聞いてみると、上のGTO気取りな教師が言った言葉に洗脳されて、母親が自分を叩くのは虐待だと思い込んでしまったらしい。

こう言っては何だが、そのGTO気取りな教師・・
自分がどれだけ愛情の無い親に虐待を受けて育ったのかは知らないが、何もかも自分の経験に当てはめて要らん観念を生徒に植えつけるのも如何なもんか?

事情も知らんと、父親の居らん家庭の子は虐待を受けて育ってると決め付ける教師に、本当に憤慨しています。





孫は幼いころから娘の仕事の事情で私が面倒を見ておるのですが、とにかく旦那とは全くの教育に関する考えも違うので、ただでさえ毎日頭を痛めて生活している訳で。
孫に甘い旦那のほうの意見を孫は好み、孫と旦那と一緒になって私を非難する。

そりゃ、甘やかしてくれる人が子供はいいに決まっているから。
しかもうちの旦那は、本当におじいちゃん・・テレビアニメのちびまるこのおじいちゃんみたいな人で・・
孫の機嫌ばっかりとって、甘やかせることを専門にしている人(無責任)

たとえば自分の食べたものの片付けを流しの所へ持って行く、食べ方、登校前の用意に関して私が口うるさく言うのが旦那にとっては気に入らない。
「お前が片付けたらえ~でないか」と言う考え。
朝も、早めに食事をしてトイレもすませて送り出したいが為につい怒ってしまうと、
「朝からうっとおしい」
「もうえ~、食事や作らんでもえ~お前は起きてくるな」となり、ギリギリの孫を車で学校の近くまで旦那が送って行くようになってた。

それが、旦那も仕事の都合で送って行けなくなり、挙句の果てには孫は学校を遅刻するようになってしまった。
結局、今は私がまた孫の朝の食事も準備もするようになったんだけど。

なんやかんやで現在、手に負えなくなって初めて旦那が言うに・・
「あの子(孫)、あの年齢で自分が食べたもんの片付けも出来んっておかしいやろ?」って言う有様。ヘェ?
今更、そんな他人事みたいな言い方して、それでも自分の責任でこうなったとは思ってないらしく、相変わらず責任は私になすりつける。

子供なんて、ひとつひとつ、こ~して、あ~してと教えてやらなければ出来ないの!って言っても理解が出来ない様で・・
「大人になったら出来るわ」「女の子や勉強や出来んでもえ~」と言う考え。

うちの旦那は親に叩かれたことがない言うけど、若いころ私には暴力を振るって何度もうちの親に謝ってた。
今でも「あれはお前の口の利きかたが悪い、お前じゃない女だったら暴力は振るわん」と言う旦那。

そんなうちの旦那とGTO気取りの教師は、親に暴力を受けたことがある・無しこそ違うけど、何でも人のせいにする考え方としては似通っていると思う。

どちらにしても、自分の行う行為は、誰のせいでもない、自分の問題なのではないのかと思うのですが。


関連記事
スポンサーサイト

いぬのて運営チームの藤田と申します。

麻花 様
私は、北海道札幌市で『いぬのて』というwebサービスを運営している、
株式会社コンシエンションズ いぬのて運営チームの藤田と申します。

いぬのては、主に飼い主同士や犬好きな方のコミュニケーションの場と、
愛犬との生活をサポートするサービスを行っております。

この度、企画の1つとして、ワンちゃんの写真を使ったゲームを作成することになり、
かわいいワンちゃんの写真を集めています。
もし宜しければ麻花様のワンちゃんにもこのゲームに参加して頂きたいと思い、
ご連絡させて頂きました。

ゲームは、『いぬのて』に訪れた方たちが誰でも参加できる神経衰弱の様なものです。

ゲームについてのサンプル画像や詳細については
“いぬのて ゲーム”で検索するとスムーズです♪

また、ゲームの最後には、
ご参加頂いたワンちゃんの紹介をさせて頂きたいと思っています。

ご在住の都道府県・ワンちゃんのお名前・犬種だけ頂戴しますが、
その他の個人情報は一切頂きませんので、是非お気軽にご参加ください。

<利用目的>
私達『いぬのて』運営チームは、
『いぬのて』を通じてまずは日本から捨て犬がいなくなる事を願い、
活動しています。

私達の力はとても小さなものですが、私達の活動により、
少しでも犬のためになる世の中に変えられると信じています。
これを実現させる為には私達の存在を知って頂く必要があります。
この先駆けとして、今回の企画立案となりました。

不明な点、気になる事がありましたら、お気軽にご連絡ください。
よろしくお願い致します。

株式会社コンシエンションズ
いぬのて運営チーム 藤田 夏野 大山

〒003-0003
北海道札幌市白石区東札幌3条6丁目1-1
第2小竹ビル3F

TEL:011-868-3588
Mail:info@inu-note.com

No title

こんにちは~。今日は涼しい雨が降っています。

ろくすっぽ考えもなしに状況を把握すること無く勝手に親を悪者に
する教師、困ったもんですね、
一方でなんでもかんでもすぐ学校や教師のせいにしておかしな
クレームをつけまくる親やマスコミも困りモノだけど。

しつけで子供をひっぱたく、って私もよくやりましたし。
自分の場合なんかやたらイライラして大きい声も出したりってときも
多々あったから、決して肯定されることばかりはないですが。
でも、何も叩きたくて叩いてるわけじゃなし、それが必要と思う
時だっていっぱいあるですよね。
それを虐待とか決めつけられて、そんなんでグレられたりしたら、
うちの子らなんてどんだけ大変なことになってんだか。
三つ子の魂百まで、ッて言う通り、親はその子が常識的な価値観を
持って生きていくことへの責任があるもの、その場しのぎの子育て
なんてやってられるわけないのにね。

Re: izumi さん

こんばんわ~izumi さん、ほんとにGTO気取りの生徒指導の教師には参りますよ。
確かに虐待をされた子供は、その子供にも虐待をするとかってテレビでも言ってましたけど、虐待と躾の違いを解らせて親のありがたみとかも教えるのが教師なんじゃないですかね。
勝手に親を悪者扱いして、その親(私)まで悪者扱いされたんじゃ、そりゃ孫も私のこと恨みます。
挙句の果てには孫が「ばばママも小さい頃、ばばちゃんに叩かれて育ったん?」とか聞く有様。
確かに私も、子供の頃は厳しく躾けられたので、勿論手を出されたりもしました。けど、自分が親になって、やっぱり口で言っただけで言う事を聞く子もいれば、どうしても手を出さないと言う事を聞かない子も居ると思いましたもん。
たまには感情的になるのも人間です、家族だから感情的に怒れるんですよ、けど虐待とは違うでしょ~と言いたいです。

中学生くらいって、体は大人くらいでも、よく解ってない部分がありますし、ほんと子供ですよね。
変に洗脳されて、うちの家族メチャメチャにされて迷惑してます。

Secret

プロフィール

麻花(まぁ~ふぁ)

Author:麻花(まぁ~ふぁ)
2013年大腸がんはリンパに転移ありのステージ3aでした。
手術、抗がん剤治療が終わり現在経過観察中です。
愛犬ココアと楽しく過ごしてます。

いつも読んで頂き有難うございます。

最新の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気ブログランキング

昔の記事一覧

パートナー

Author:ココア 女型
2008/11/20生まれ8歳 
                                                                                          

カテゴリ

:::::

リンク

検索フォーム

フリーエリア