06
1
3
4
5
6
7
9
11
12
13
14
16
17
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
   

私がいつも楽しくしてる訳。

私はいつも楽しいことを考えたり探したりして、
心ウキウキ笑顔で居るせいか・・よく
「何か楽しいことでもあったん?」とか聞かれたりします。

一歩間違えば、いつもニヤけた変な女ではあるのですが・・
いわゆる、思い出し笑いとか、一人芝居とか、そんな感じでしょうか?
ただ、無理やり笑顔を作ってみてもそれが現実に楽しくなるから不思議。



最近の私の楽しみの一つに・・・

あ~これ! ダメちゃんかな~・・人のブログの陰口、陰険かも~
・・・・・・・だけど、密かに毎日見てる。

とあるブロガーさんが参加しているカテゴリーの中に居るんだけど。
そう、INしたときに他の方のブログ見れるでしょ?
その時に見つけた、面白いというか、不思議な?変なブログ(≧ω≦。)プププ
危険な香りがプンプン匂う、おハナシ。。





その方、若い女性と不倫をしてて・・
毎日その女性宅に通っている様子を日記風に書いているもの。
一昔、EXILEが「Ti Amo」って言う不倫の男女の切なさを歌にしてレコード大賞を取ったでしょ?
あの曲の歌詞で、「日曜日の夜はベッドが広い~♪」って。

あの曲聴いた時に、そんな毎日毎日愛人の家に通う男は居らんやろ?
思てたけど、ほんまその男は毎日愛人宅に寄ってから家に帰ってる。
しかも、毎日・毎日、当たり前のように。

最初は、作り話じやないか?とか、
いくらなんでもブログにあからさまに書くか?
・・・・とか思ったもんだけど、なかなか器用な男も居るもんだなと
最近は関心と興味を持って楽しんで読んでます。

いつ奥様にバレるんだろう?とか。





あと・・・
これは時々私が思い出してニヤける
百田尚樹さんの「幸福な生活」短編集の中のひとつ・・
「ビデオレター」と言う、癌でこの世を去った七十歳の女性が、
生前医者から余命を告げられて、明日から入院をすると言う日の前日
美容院へ行き、メイクをして撮影したビデオを、四十九日の法要の後、
友人に預けていたビデオレターを旦那が見ていると言う設定。

こんにちわ愛するあなた・・

そこから始まるビデオレターには、その先とんでもない展開で
読者を「ふふふ・・・」とさせる。
いや、男なら「ゾクッ」でしょうかね、ムフフ・・・・





その旦那さん、大きな会社の息子だったのだけど、
この女性と結婚するために、実に姑息な手段を使ってた。

おまけに、女性をホトトギスに例えて・・
自分は豊臣秀吉のような男だから、私をどのようにでも躾けることができる。
「泣かぬなら泣かせてみせようホトトギス・・」と冗談めかして言ったこと。

それにも関わらず結婚後は次々と浮気を重ね、認知までしている。
それでも、世の中の奥さんのように逆上して夫を問い詰めたり
なじり、非難はしなかった。
そうする事で浮気が本気になる事もあるから。
だからとてもよく出来た妻だと思い、自分を捨てようとせず安心して浮気が出来たでしょうと。





しかし・・・
実は美しい泣き声のホトトギスにもうひとつ特徴があること。
それは、ホトトギスは託卵する鳥(人の巣の中にこっそり卵を生み落とす)

そう、自分が生んだ三人の男の子。
今では会社を退いた男の後を継いで社長、重役にと。
そのハンサムな息子たち、実はあの頃自分が交際をしていた男性の子供。

男がお金を渡して自分と別れるように仕組んだ男の子供。
つまり、あの会社はもうあなたのものではありません。
それでは、ごめんあそばせ・・・と終わるビデオレター。

なんだかスッキリするビデオレターに思わずほくそ笑んでしまい
なんだか時々思い出してはワラけてる毎日。

他にもイロイロ楽しいことはあるんですが、も~書ききれない
また、おいおい書きますね~





それにしても百田尚樹さんの小説は面白いですよね。
「モンスター」は、ちょっと最後納得がいかなかったんですが
ほんとに女心を上手に表現される方です。


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

麻花(まぁ~ふぁ)

Author:麻花(まぁ~ふぁ)
2013年大腸がんはリンパに転移ありのステージ3aでした。
手術、抗がん剤治療が終わり現在経過観察中です。
愛犬ココアと楽しく過ごしてます。

いつも読んで頂き有難うございます。

最新の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気ブログランキング

昔の記事一覧

パートナー

Author:ココア 女型
2008/11/20生まれ8歳 
                                                                                          

カテゴリ

:::::

リンク

検索フォーム

フリーエリア