08
1
2
3
4
6
7
8
9
10
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

「癌患者のセミナー」の事とか。。。

ここの所、イロイロあったせいかお肌の調子が良くないです
寝不足もあるのだけど、やっぱり一番は心労なんだと思う。

ストレス・・・、
ストレスによる免疫低下により様々な病気を引き起こす事は知っている。
けど、人間生きていれば皆多少はストレスを抱えているもんで、
そんな事はなんでもないだろうと思ってました。

ところがここ数日、夜に眠れない日々が続いて
胸痛による胸の圧迫感が安定剤を飲まずにはいられない状態。

安定剤は普段から多めに処方してもらっているのでつい飲んでしまうのだけど
何のために減薬したのか?今さら家の事情でこんな事になるなんてトホホ・・





先日は「癌患者のセミナー」に出掛けて、食事の事とか腸内環境の事。
私は手術後から腸内環境が悪いのでどうにか改善したいとの思いで
医療関係の方の意見を聞きたいと参加したのですが
結局、腸内環境においては、これと言って満足のいく回答、
何故そうなるのか?と言う突き詰めた回答は得られなかったのが実情。

ただ、食事療法については特に気にせずバランスの良い食事をすることが大切であると。
たとえば肉がいけないとか糖質がいけないとか・・
そんな事が再発や転移に影響をするものではないとの医療従事者の見解でした。

確かに、徹底して食事療法に取り組んでいる方でも転移された方、再発された方は居られる。
逆に、特に何もしなくても術後二年、三年と順調な経過を辿っている方も居るなと思うと、いっそう考え深いものはありますね。

本当に「癌」というものは正常な細胞がたまたま変化したもので、
運が悪いとしか言い様がないのだという見解にはやはり納得した次第。

またこれは私自身の見解となりますが・・
人間にとって「食」と言うものは人生においてもかなりの重要度があって
もしも様々な食事療法により良い結果を得られるという統計があるのであれば
それは見習わなければならないだろう。

しかしながら、人間が一日に大切な栄養を摂取するためには
何種類もの食材を口に入れなければいけない。
そう言った面においても、そう徹底して実践出来るものでもないし
心から楽しんで食膳を飾るという意味においても満足のいく食生活は送れないことから、
私自身術後の食生活については日々悩んでいたものです。

なぜなら、自分が納得しない食材を、美味しくない・楽しくない状態で食した所でストレスになるだけであるし、それが納得のいくものであれば心から美味しいと感じ、身体にも良い影響を与えていると感じていたから。

そう言った意味においても、やはり自分が楽しく取り入れられる事は取り入れて
無理をせずに好きなものを食べていこうと思いました。

結果的に同じであれば有意義な時間を大事に楽しく過ごせるほうがいい。
またそれは自然な生き方なのではないかと私は思い、気持ちが楽になって家路に着いたものです。






香川県の名物「うどん」と並ぶ「希少糖」
そしてこの「かまど」も香川の名物ではありますが、
最近はその希少糖を使った商品がたくさんあります。

希少糖自体は高価なものですので、流石に希少糖がいくら身体に優しいと言えど、料理に使おうなんて考える必要はないのです。
希少糖のシロップなら、ご自分が寛ぐティータイムにシュガーの代わりに。
そして、なるだけ希少糖含有の商品を食することの意識でも十分身体に優しいのではないかと思います。

この「かまど」のみるくチーズまん・・
希少糖を使ったパンとかもそうですが、しっとりもっちり仕上がるせいか
とても美味しいお菓子です。


20150115.jpg


そして今日はなんやかんやストレスの気分転換にスコーン焼きました
これはお砂糖は使っていませんがイチゴのチョコレートを使ってます。

サクサクで美味しいですよ~
こう言った、生地とかをコネコネしてるとイロイロ忘れますから。


20150117183221926.jpg


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

麻花(まぁ~ふぁ)

Author:麻花(まぁ~ふぁ)
2013年大腸がんはリンパに転移ありのステージ3aでした。
手術、抗がん剤治療が終わり現在経過観察中です。
愛犬ココアと楽しく過ごしてます。

いつも読んで頂き有難うございます。

最新の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気ブログランキング

昔の記事一覧

パートナー

Author:ココア 女型
2008/11/20生まれ8歳 
                                                                                          

カテゴリ

:::::

リンク

検索フォーム

フリーエリア