08
1
2
3
4
6
7
8
9
10
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

自分が貧乏ゆえ心が貧しい。

昨年の今頃なら夜間バイトで午前様になったら車が既に凍っていて、寒い車内で凍えながら車が温まるのを待ってから帰ったものだが、今年の冬は暖かいせいかバイトに出かけるにもジャンバーも要らない。
厚手のカーデをちょっと寒いと羽織って仕事が出来る様に着て出かけている。

毎年・・と言っても、今年で4年めの夜間アルバイト。
最初の年に出かけた時は仕事に困って藁をも掴む思いで面接に行き、仕事量の多い時には上司に「一時間だけ残業をさせてくれませんか」と頼んだものだ。
歳を取ってお金を稼ぐと言う事は、人に頭を下げて少しでも仕事を分けて貰わなければいけない。
一生、お気楽に同じ会社でノホホンとお金の心配をせずに暮らせたらどんなに心に余裕が出来た事だろうと今更ながらつくづく感じている。

学歴がどうのとか、努力がどうのとか、そんな事も多少は関係があるのかもしれないけれど、やはり生まれながら人の人生は決まっている様に思う。
ただ貧乏な家に生まれて成り上がっても所詮は育ちは知れてるが、元々裕福な家庭に育って大して努力や苦労をしていない人のほうが癖がないと最近思う。

そんな話は置いといて・・・

年が明け就活で派遣会社から婚礼の裏方作業のバイトを紹介されて務めたものの労力が付いて行かず、思い余って昔打った事のあるプラセンタ注射を受けたもものの全然体調は良くならず。
思えば体の中に「癌」という魔物が潜んで、いつ姿を現そうかと狙っていたのだと思う。

案の定、4月に突然「腸閉塞」になり、続いて「大腸がん」が見つかると言う、やっぱりな結果で・・
本当に身体がしんどい、あの不調は何だったんだ、そう癌だったんだと言う。
そして突然の死ぬか生きるかの宣告にひどく落ち込んだものだが、その癌もリンパに転移はあったものの一応は取り切ったと言う事で手術は成功し、その後闘病生活に入り抗がん剤治療。

そんな抗がん剤治療中も年末には休薬期間を貰い夜間アルバイトに出かけたもんだ。
抗がん剤服用中でも仕事は出来ると言う思いと、やり終えた後の達成感はとても気持ちのいいもので自己満足に浸る事が出来た。
それが夜間アルバイト二年目の冬でした。

その後(年明け)自分の前に差し出された今の仕事に出会い、昼間の仕事をしながら、昨年も夜間のアルバイトに出かけ、一か月くらいで昼間の二か月分以上は稼いだもんだ。

時給750円の昼間の仕事とは300円以上も違う夜間のバイト、よく仕事をしながら「こんなんしてたら昼間の仕事がバカらしくなる」とか言う方も居て、やはり私も年々身体は衰えて行くもののなかなか甘い蜜を吸わずには居られない。

そう言えば、パートの社会保険の加入を促すよう進んでいるけれど、時給を1000円で計算してすべての人に当てはめられてもますます貧乏生活からは抜け出せず、永遠と年金生活に突入するまでずっと、死ぬまで貧乏からは抜け出せない。

この間職場に保険会社の外交員が来られて勧誘されるも、「癌」と聞くと引かれた。
5年完治となると保険に加入出来ると思っていた私にとってはちょっとショックな話で、要は手術から5年して医者がもう大丈夫ですよ~と言ってから5年だと。
そんなこと言ってたら還暦が来るし、年金受給も近い年齢になる。
結局は若い元気なうちに必ず、「医療保険」と「がん保険」だけは最低加入してなければ痛い目に合うと言う事だ。

なかなか話が逸れて進まないのだが、来年こそはこの夜間アルバイトに足を踏み入れないような生活をしたいと思っている。
旦那が言うに、月に一万円多く稼いだら夜にしんどい思いをして仕事をしなくてもいいのに・・って。
確かにそうなんだけど、その月に一万円を稼ぐのも困難だし、今は逆に月に一万円のガソリン代(交通費)がかかっているから余計にキツい訳で、なら手っ取り早く転職するのが一番の近道なのかと。

とは言え、私はどれだけの会社に面接に出かけただろうか?
人生で私ほど会社訪問をした人間は居るだろうか?
どれだけ問題があって採用されないのか。

「どれだけって20社や30社は普通だろ?」
そう、学生の就活でも平均30~40社は行くだろうが、それどころではない私の就活
履歴書だって日付を記入しているので使いまわしが利かない上、パソコンで作成の履歴書は良くないとか、添え状を付けろだとか、なかなかエナルギーを使う。

ま、それでも働けるうちは働かないと、何年生きるか解らないけれど今の職場でノホホンとノンビリ安い賃金では食べるに困る。
何せ食費を二万円でやれと言う旦那のせいで、食事はほぼ旦那が食べる分しか作れない。
自分が食べれないものを作るのは厳しいけれど、そこから少しだけ分けてもらっておかずにしている。
例えば回鍋肉なら、私はキャベツを少し分けて貰って食べたり、鍋物なら私は野菜とお豆腐とか。

とにかく早めに方向性を決めて行動しないと、自分が貧乏では心も貧しい。


20151223162510397.jpg

先日、旦那にココちゃんを獣医さんに連れて行ってもらったら白内障で、ココちゃんの右目はもうあまり見えてないと言われました。
おまけに手術は出来ないとの事。
やっぱり「てんかん」もあるし身体に負担がかかるので、しばらくは目薬で様子を見るしかないと。
(左目のほうの進行を抑えるしかない)

目はこんな感じで白くなってます。。。


20151223162521907.jpg


本当に・・・
今年は義父の入院、その他ゴタゴタした挙句に亡くなって、バタバタした中今に至っています。
旦那が言うには前から白くなっていたとの事ですが、こんなに真っ白になっているとはビックリしたと同時に、家族家族と言いながら所詮ペットでしかない。
ココアには申し訳なく思っています。

真っ白と言えば、中学の孫の通信簿が真っ白との事。
学校に行っていないので付け様がないとの旨を担任に言われたそうです。

下手に要らんことを書かれているよりはマシかなと思うのですが。。。
通常の高校に入学するのは不可能かと。



いつからだろう~


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

麻花(まぁ~ふぁ)

Author:麻花(まぁ~ふぁ)
2013年大腸がんはリンパに転移ありのステージ3aでした。
手術、抗がん剤治療が終わり現在経過観察中です。
愛犬ココアと楽しく過ごしてます。

いつも読んで頂き有難うございます。

最新の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気ブログランキング

昔の記事一覧

パートナー

Author:ココア 女型
2008/11/20生まれ8歳 
                                                                                          

カテゴリ

:::::

リンク

検索フォーム

フリーエリア