06
1
3
4
5
6
7
9
11
12
13
14
16
17
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
   

脳みそと内臓の使用期限!

腰のリハビリに行こうと車の運転をしていたら
いつの間にか職場に向かってた
右に曲がれば職場に続く道、まっすぐ行けばリハビリ行き。。。
なのに無意識に右に曲がったみたいだ。

リハビリに限らずそんな事はよくある話で、目的地を通りすぎるなんてザラ!

職場への道のりが山超えなだけにUターンする所が無い。
仕方がないんで開き直って遠回りしてリハビリに行った訳だけど。

こんなの序の口で、若い頃のそそっかしさは今やボケ老人へと名が変わり、家族には相当呆れられてる自分が情けない。

この間も娘と温泉の旅に出て、旅館に着いて大浴場へ向かうに財布を部屋の金庫に入れて大浴場へ向かったつもりが。
部屋に戻ると鍵を閉めるのを忘れて金庫の扉に鍵が付いたまんま。

自分が貴重品は金庫に入れて出かけなきゃと言った癖に、娘も大呆れ。

あ~歳は取りたくないもんだ


20160528145834523.jpg


そしてココちゃんが、私が旅から帰った日からずっと元気がなくて。。。
帰った日の夜にフードを食べてからずっとゲリP~

昨夜なんか、お部屋にピュ~ってゲリPをまいてて。
私ゃ二回ほど踏んづけてしまって、片付けに大変でした。
お腹がキュルキュル言ってると思ったらやっぱり。

昨夜はフードをお湯でふやかせてやったけど食べずで・・
取りあえずフードを放置して寝てたら夜中には密かに食べてて、
なんとか今日は元気になってた。

だから、義母が何を思ったか除草剤を撒いてハゲちゃびんになった芝生で少しだけ遊ばせて、オシッコだけしてうんPは今日はまだ出てない。

考えたら、いくら最近のワンコは長生きすると言っても一年で人間の年齢に換算すると20歳。
その後4歳づつ歳を重ねてもう40歳は過ぎてるもんね。

ココちゃんはあと十年は余裕で生きるだろうけど、
目も白内障で殆ど見えない。
やがて足腰だって人間同様に弱ってくるに違いない。
内臓も弱ってくるだろうから無理は出来ない。


20160528145845405.jpg


そう言えば、ワンコの内臓もだけど人間の内臓ってどれくらい長持ちするんだろ?なんて思ったりしてる。

臓器移植のドナーカードとかって興味は無いし、私は誰にあげるつもりもないんだけど・・
ふと内臓って使用期限は無いんだろうか?と思う。

いくらなんでも90歳で亡くなった方の臓器はね~
・・・・と思いきや、一応、移植に適する臓器の基準として、心臓は50歳以下、肺70歳以下、腎臓70歳以下、膵臓60歳以下、小腸60歳以下が望ましいんだって。

ただ、肝臓の適応基準には年齢に関する条件は無いと言うから健康なら使えるらしい。
けど、年齢は食ってるけど臓器は若いぞなんて事はないからして。
いくら専門医の判断っても、魚の活きの良さを判断するんじゃあるまいしと思う。

あと、肺70歳の基準って、20歳の青年が70年近く働いた肺を貰ったらどのくらい働けるんだって感じがしないでもない。

昔、人間の遺伝子を持った「ヒトブタ」ってのを作って臓器移植に使うとかって話・・・
ありゃ20年以上も前の話、豚の内臓が人間の内臓の大きさに近いとか。
まだまだだったのね。。。。。

あ~、それより自分の「脳みそ」があとどれくらい頑張ってくれるのかのほうが心配。

きっと自分で居られなくなった時が脳みその使用期限よ


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

麻花(まぁ~ふぁ)

Author:麻花(まぁ~ふぁ)
2013年大腸がんはリンパに転移ありのステージ3aでした。
手術、抗がん剤治療が終わり現在経過観察中です。
愛犬ココアと楽しく過ごしてます。

いつも読んで頂き有難うございます。

最新の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気ブログランキング

昔の記事一覧

パートナー

Author:ココア 女型
2008/11/20生まれ8歳 
                                                                                          

カテゴリ

:::::

リンク

検索フォーム

フリーエリア