08
1
2
3
4
6
7
8
9
10
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

がん患者、大きな勘違い私の場合。

夜間のアルバイトは始まってます。
昼間のシフトは完全なる私中心の夜間アルバイトモード。
本当に有難い稼がせて貰います
・・・なのですが早くも自分の身体に不甲斐なさを感じている私です。

それと言うのも、私は2013年5月に大腸がんの手術を行っています。
結果的に、がんを含む腸と一緒に切り取ったリンパに転移があったので、その後抗がん剤(ゼローダ)をして治療を終え。。

もうかれこれ3年半経過してドクターからは
「大丈夫なんじゃないの」 大丈夫かなぁ~と言われ、
*5年完治を夢見て待ち遠しい日々を過ごしておるのです。

因みに*5年完治とは・・
最初のがんを治療してから5年が経過すれば、そのがんに関しては完治したと言います。

ついでに5年生存率と言うのは・・
治療を開始して5年後に生きている人の%(パーセンテージ)で、
再発をして治療している人も含まれます

また、亡くなった方の中には事故やがん以外の病でなくなった場合も含まれます。

こう言った基本的な事柄は、がんに罹患したサバイバーさん達なら常識的に理解をしておるもんです。

そんな中で最近、私は大きな勘違いをしていた事に気が付いたのです。


20161120150254239.jpg


それは、自分が5年完治と言う言葉に囚われすぎて。
がんから遠ざかる(年月が経過する)事は自分はどんどん元気になるのだと言う勘違いをしていたのです

私の場合、50歳でがんに罹患して今後再発が認められなければ55歳で5年経過して完治とみなす訳ですが。
よ~く考えてみれば、時間は確実に経過して体の老化も進んでます

しかも抗がん剤と言う名の老化促進剤で一気に体の中は老化し、
そこから5年が経過する訳で。
怖い 一体私の体内年齢は何歳なのだ

確かに現在私の身体の中の腫瘍は無くなった。
そして体は回復している、確実に私は元気な体になっているし
これからもどんどん元気になるだろう。

あんなに辛い事を乗り越えたんだから、これからも私は頑張れるなんて。
勝手に勘違いして。。。
アクセク動いても限界はあるなと最近気が付いて愕然とした次第です。

 そう、 時は我が儘に、かなり強引に過ぎて行く。

・・・・・のです。
全く、こんな大きな勘違いに今頃気づくなんて 何て大きな誤算

Oh, My Gad!

けど、生きているうちは楽しくしとかなきゃですね
今夜も頑張ろう!


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

麻花(まぁ~ふぁ)

Author:麻花(まぁ~ふぁ)
2013年大腸がんはリンパに転移ありのステージ3aでした。
手術、抗がん剤治療が終わり現在経過観察中です。
愛犬ココアと楽しく過ごしてます。

いつも読んで頂き有難うございます。

最新の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気ブログランキング

昔の記事一覧

パートナー

Author:ココア 女型
2008/11/20生まれ8歳 
                                                                                          

カテゴリ

:::::

リンク

検索フォーム

フリーエリア