08
1
2
3
4
6
7
8
9
10
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

不安は尽きない。

大腸がんの手術をしてからずっと
いつも、どこでもトイレの文字が頭の中に浮かんでて

術後二年ほどした頃からは何とか一日に三回位に落ち着いて
それでも、トイレに行けない境遇に置かれると
不安で不安で仕方がなかった。

何時だったか
派遣会社のほうから休日にスーパーの裏方のお惣菜売り場で
盛り付けの仕事を頂いた時に
エプロンにマスクに帽子を被り、二重の手袋。。。

普段あまり料理をしない(嫌いな)私にとっては苦痛で
それよりも実はトイレに行けない状態のほうが苦痛だった。

四時間か五時間の仕事だったと思うけれど
家に帰ってベッドに倒れ込んだのを思い出す。


20170731213800738.jpg

20170731203104577.jpg


調理を作る姿勢と言うのは案外疲れるもので
背中が痛くなるから嫌だ。


20170731203123750.jpg


うちはいつ頃からか食事の支度は私がするけれど
後片付け、洗い物なんかは旦那がする様になっている。
モコモコ泡を立てて食器やらフライパンなんかを洗っている姿は
まるで主婦

家計も全て旦那が管理して私は月に一万貰っているだけで。
私は自分に必要なものは全て自分で賄っている。

ただ、今私が不安に思っているのは老後の資金の事

先日、
「定年(65歳)したらまたどこかに働きに行くよね?」
なんて聞いたら

いや~、俺はもう働かん、家で居るわ~~~て言う

(;・∀・) ち、ちょっとぉ~ 
貯金も無いのにどうやって年金で暮らすんだ?

すると旦那が言うに
養老保険を毎月二万円づつくらい切り崩して暮らすけん構わん。
あんたは自分は自分で考えまい。
70歳か80歳まで働けるだけ働いたらえんと違うん?
。。。。。やて

やっぱし、まるで主婦
あんたね~、それって嫁の言う言葉やで って言っても
苦労したくないもん だとサ。

そ、それに養老保険の満期になったぶんは半分は私のじゃ?
(僅かしかないけど)
・・・っても、おれが働いたお金で掛けてたからって言われてるし
何より財布も握られてるし。

こんな事言ったら何だけど、
年金の足らずを貯蓄で補って生活していくつもりなんて言うのは
相当の資産があって裕福な家が言う事で。。

しかも今の65歳と言えばまだまだ若いし
生きてたら私は旅行も行きたいけどな って言うと
「行ったらえん」って軽く言うし。。。

それより何より 私が言いたい言葉を旦那が言ってしまうなんて
人が聞いたら笑うだろ~な旦那。  

・・・なのは構わないけれど、
もし旦那がコロッと先に死んだら私はどうしたらいいのだろうか

嫌な感じ。。。




関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

麻花(まぁ~ふぁ)

Author:麻花(まぁ~ふぁ)
2013年大腸がんはリンパに転移ありのステージ3aでした。
手術、抗がん剤治療が終わり現在経過観察中です。
愛犬ココアと楽しく過ごしてます。

いつも読んで頂き有難うございます。

最新の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気ブログランキング

昔の記事一覧

パートナー

Author:ココア 女型
2008/11/20生まれ8歳 
                                                                                          

カテゴリ

:::::

リンク

検索フォーム

フリーエリア