06
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
   

きっと、これからも、ずっと大丈夫。。

2013年5月28日 大腸がんの手術をして今日で5年が経過しました。

嬉しいような 何やら複雑な心境で・・・
五年と言う月日は私にとってはあっという間
だったにも関わらず、しっかり身体の老化を感じてしまって

以前にもブログに書いたと思うのですが
がん患者の大きな勘違い的な 
http://mafao.blog.fc2.com/blog-entry-1865.html

そう、自分が5年完治と言う言葉に囚われすぎて。
がんから遠ざかる(年月が経過する)事は
自分はどんどん元気になるのだと言う勘違いをしていた事
改めて思い出して。

余りにも身体の事に気を取られ,気が付いたら もう 
仕事も(人生も)諦めなければならない年齢になって行くんだなと、
日々、とても残念な思いをしながら過ごしたものです。

命が助かったんだからいいじゃないの?
そう考えると何か先は明るい感じもするし有難いけれど。

長く勤めた会社を辞めて、必死で転職活動をしていた矢先の病気で。
面接に行った会社から「採用の返事はもう少し待ってね」
との返事も、腸閉塞で入院していた時で。

登録していた派遣会社からの仕事の依頼も
手術後、これから抗がん剤をすると言う話をしていた時で。。。

何もかもがタイミングが悪かった。

何も実にならずに闘病に入ってしまって
その後、どこに面接に行ってもがん患者は敬遠された事
「調子が悪い悪いって休まれてもね~」とか。

それでも五年が経過して「完治」と言うドクターからのお墨付きを貰って
今、やっとフルタイムの仕事に就き 毎日が充実しています。

先日、息子夫婦に二人目(長男)が生まれまして
孫が三人になりました
大阪に会いに行くのが楽しみです。

諦めた事とか、失いかけた希望も含めて何もかもが
今、どんどん手に入って来て 人生はこれからだなと思う日々です。


20180524210615260.jpg


思えば身体慣らしの為にと紹介された派遣の仕事(受付)
あれは、本当に心も体もキツかった。

本来ならば自然と出来なければいけないであろう
人に対する思いやりやら気遣いを必要とする仕事は大変だ。

私は上手く仕事ができただろうか?と、毎日自分に問いかけ
当たり前の事をしてお金を頂いているにも関わらず
最低賃金で働く自分とそれに対する不満足とで葛藤していた日々。

けど、、、
長い事、旦那の扶養に入って細々と仕事をしていたけれど
ご縁があって今の職場に拾われて
本格的に社会保険に加入して働く事が出来ています。
今後は社会人としての余生を頑張りたいと思っています。

多分、私は本来仕事が好きなんだと思うから頑張ります!

それに。。。
きっと、これからも、ずっと大丈夫だから。






関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

麻花(まぁ~ふぁ)

Author:麻花(まぁ~ふぁ)
2013年大腸がんはリンパに転移ありのステージ3aでした。
手術、抗がん剤治療が終わり現在経過観察中です。
愛犬ココアと楽しく過ごしてます。

いつも読んで頂き有難うございます。

最新の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気ブログランキング

昔の記事一覧

パートナー

9
Author:ココア 女型
2008/11/20生まれ9歳 
                                                                                          

カテゴリ

:::::

リンク

検索フォーム

フリーエリア